スポーツ

ラグビーワールドカップ2019日本代表注目選手を紹介!

2019年9月日本で開催されるラグビーワールドカップ。

ラグビーって、テレビで観る機会があまりないなーと思うのは私だけではないはず^^;

今大会のキャッチコピーでもある「4年に一度じゃない。一生に一度だ。- ONCE IN A LIFETIME -」にもあるように、日本でラグビーワールドカップ開催の機会に立ち会えるのはすごいことかもしれませんね^^

でもラグビー選手ってよくわからない・・・というあなたのために、ラグビー日本代表の注目選手をアンケートで教えて頂きました!

早速見ていきましょう^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019日本代表注目選手アンケート結果

まずは、ラグビーと並行して医師を目指す福岡堅樹選手です。

福岡堅樹(WTB)

【生年月日】: 1992年9月7日 (年齢 27歳)
【生まれ】: 福岡県 古賀市
【身長】: 175 cm
【体重】: 83 kg
【ポジション】: フランカー
【学校】:福岡高校
【大学】:筑波大学
【愛称】:けんき

WTB(ウィング)の福岡堅樹選手です!前回のワールドカップにも出場しましたが、東京五輪後に現役引退して医師になりたいという意思を表明しているため、今回の日本開催が最後のワールドカップとなります。その快足を飛ばして、トライを量産してほしいです。(男性 30代)

福岡堅樹選手に期待しています!怪我をして今はプレーしていないのですが、昔ポジションがWTBだったので。ウイングとして縦横無尽に走り回りトライを決めてくれることを期待してます!(男性 20代)

活躍してほしい選手は、福岡賢樹選手です。外国の大きな選手たちの間ぬって、軽快にプレーしている姿を期待したいです。つぶされないように頑張ってほしいです。(女性 40代)

 

次は日本代表の頼れる主将リーチ・マイケル選手です。

リーチ・マイケル(FL)

【生年月日】:1988年10月7日(30歳)
【出身地】:ニュージーランド クライストチャーチ
【身長】:190cm
【体重】:105 kg
【学校】:札幌山の手高校
【大学】:東海大学
【愛称】:Reach

地元札幌の高校卒のリーチマイケルに期待。キャプテンとしてチームを引っ張っていってほしい。(男性 30代)

リーチ・マイケル選手。日本代表キャプテンであり、外国出身にもかかわらず、ラグビーと日本に情熱を捧げ、勝利へのあくなきチャレンジの気持ちは私たちが見習いたいと思うほどです。(男性 30代)

リーチマイケル選手。NZ出身ながら日本に帰化している立派な日本人。外見はNZ人だが魂は侍そのもので彼のチームの統率力は抜群(女性 40代)

リーチマイケル選手です。前回大会はキャプテンとして日本を南アフリカを撃破する活躍をみせており、今大会、キャプテンとしてどんな日本代表を作っていってくれるかがプレーとともに注目です。(男性 40代)

リーチマイケル選手。今や不動のキャプテンだから。日本が勝ち進むには、この選手がいないと非常に困るというくらいチームの精神的支柱だから。(男性 40代)

注目選手:リーチマイケル。前回W杯でも、リーダーシップを発揮した主将でもあるし、一人で打開出来る突破力もあるが、一番は献身的なプレイが大好きです。ルーズボールになった際にボールに絡みに行く姿勢や、ブレイクダウンでの攻防。日本人より日本人らしい。(男性 40代)

リーチマイケル選手。日本代表キャプテンとして、チームを引っ張りアグレッシブなところ。(女性 40代)

リーチ マイケル:前回大会でキャプテンシーを発揮し見事に勝利に導いた。今回もチームジャパンをまとめあげて、外国チームにはない団結力で頑張ってほしい(男性 70代以上)

リーチマイケル選手です。日本代表のキャプテンでもあり、精神的な支柱。ラグビーの人気の火付け役でもある選手は見逃せません。熱いハートで引っ張る姿はとても好感が持てます。(男性 30代)

 

スポンサーリンク

次は日本代表の司令塔・田村優選手です。

田村優(SO)

【生年月日】:1989年1月9日 (年齢 30歳)
【生まれ】:愛知県
【身長】:181 cm
【体重】:91 kg
【学歴】:明治大学
【愛称】:まさる

田村優選手。田村選手の優れた判断力と正確無比なキック力は、日本チームにとってなくてはならない大きな武器である。チームが不利な局面ではキック一本で有利な状況をもたらし、プレースキック時には得点に結びつけるプレーがワールドカップで期待される。(男性 50代)

私が注目しているラグビーW杯日本代表の選手は田村優選手です。現在30歳で一番のっている時期にあると思います。

ポジションはポジションはセンター(CTB)やスタンドオフ(SO)をこなしますが、W杯についてはSOで出場することが確実視されています。

國學院栃木高校から明治大学へ進み、NECのチームに所属していましたが、今はキャノンに所属しています。

父親の田村誠さんはトヨタの監督をしているラグビー一家です。日本代表でも着実に成果をあげている今注目の選手です。(男性 30代)

注目選手は田村選手、松島選手、リーチマイケル選手、福岡選手です。

田村選手にはペナルティーキックでの正確なプレースキック、松島選手は対人に強いプレースタイル。

リーチマイケル選手はピンチの時の相手へのタックルディフェンス、福岡選手はウィングとしてのトライを取りに行く時の相手をかわす個人技プレーを注目してます。(男性 40代)

活躍してほしい選手は田村優選手。前回大会は五郎丸歩選手がキッカーを務めていましたが、今大会は田村選手が務めることが考えられます。精度の高いキックをする田村選手には100%の成功のゴールを期待したいです。(男性 40代)

 

次は、海外からも注目度が高い実力派・田中史郎選手です。

田中史朗(SH)

【生年月日】:1985年1月3日(34歳)
【出身地】:京都府
【身長】:166cm
【体重】:75 kg
【学校】:伏見工業高校
【大学】:京都産業大学
【愛称】:ジャック、フーミン、フミ

田中史郎選手。小柄ながら世界を相手に食らいつくプレースタイルに注目している。(女性 20代)

バックスの田中史朗さんを応援しています。田中さんは小柄ですが、機敏で回りをすごくよく見てます。田中さんの正確なパスが見たいです。そすて、それが得点に繋がる所が見たいです。(女性 60代)

田中史朗:年齢的にも、今年が最後の日本代表選手で出場する最後のチャンスだと思います。海外での経験を踏まえチームを活性化して勝利に結び付けてほしい。(男性 70代以上)

田中史朗選手。唯一日本人で海外で通用する選手。海外でも指名度もナンバーワン。小柄ながら卓越した技術!もっと彼のすごさをみんなにわかってほしい。(男性 40代)

田中史朗です。ラグビー選手としては大きくない身体で一生懸命プレーしているところを見て応援したくなりました。(男性 30代)

田中史朗選手。過去2大会ワールドカップに出場したベテラン選手。実績から言っても活躍してもらわないと、日本が上に行けないから。(男性 40代)

 

スポンサーリンク

次は、チームメイトから「フィジカルモンスター」と呼ばれるアマナキ・レレイ・マフィ選手です。

アマナキ・レレイ・マフィ(No.8)

【生年月日】:1990年1月11日(29歳)
【出身地】:ハムラ村
【身長】:189cm
【体重】:112 kg
【大学】:花園大学
【愛称】:NAKI

No8が予想されるアマナキ・レレイ・マフィ選手に活躍して欲しいです。前回W杯でも大活躍しましたので、今回もトンガ人らしい並外れた能力でチームを勝利に導いて欲しいです。

38歳で選出されたトンプソン・ルークのニュージーランド人らしい屈強で老練なプレーにも注目です。田中史朗選手も最多キャップ保持者ですので、巧みなパスさばきで相手を翻弄して欲しいです。(男性 40代)

注目している選手は、アマナキ・レレイ・マフィ選手です。前回のWカップ南アフリカ戦で見せた、強靱な突進力は、日本チームに勇気を与えてくれていました。つい最近行われたリーグ戦においても、世界トップクラスの選手を、二三人まとめて吹き飛ばしながら突き進んでいました。2本開催のWカップにおいても期待できそうです。

マフィ選手のプレーは、Wカップにおいて、私たちに興奮と希望を与えてくれるはずです。(男性 50代)

 

 

次は初代サンウルブズのキャプテンを努めた堀江翔太選手です。

堀江翔太(HO)

【生年月日】:1986年1月21日(33歳)
【出身地】:大阪府吹田市
【身長】:180cm
【体重】:105 kg
【学校】:島本高校
【大学】:帝京大学
【愛称】:しょうた、ホリエ

注目選手は堀江選手です。前回のワールドカップでも活躍したのですが、その後初代サンウルブズのキャプテンなど日本のラグビーのために頑張ってくれたので今回は自分のために頑張って欲しいと感じています。

プレーでは私がフォワードに期待しているので堀江選手の完璧なスローで始まるラインアウトからの展開でトライを取るシーンがたくさんあることを願っています。(男性 40代)

 

次は、「ガッキー」の愛称で知られる稲垣啓太選手です。

稲垣啓太(PR)

【生年月日】:1990年6月2日(29歳)
【出身地】:新潟県新潟市秋葉区
【身長】:186cm
【体重】:115 kg
【学校】:新潟工業高校
【大学】:関東学院大学
【愛称】:ガッキー

PR1(左プロップ)の稲垣啓太選手。前回2015年のワールドカップでも活躍、2019年日本大会でも活躍を期待します。熟練のスクラム技術はもちろんですが、前一列の選手とは思えないフィールドプレーにも注目しています。(男性 30代)

注目選手はプロップの稲垣啓太選手です。「ガッキー」の愛称で知られており、リーダーシップに定評があります。(男性 40代)

 

スポンサーリンク

次は、自分に厳しい天性のリーダー気質の流大選手です。

流大(SH)

【生年月日】:1992年9月4日(27歳)
【出身地】:旗福岡県久留米市
【身長】:165cm
【体重】:75 kg
【学校】:荒尾高校
【大学】:帝京大学
【愛称】:ゆたか、ながれ

流大選手に注目しています。帝京大学時代にはキャプテンで6連覇。そして、強豪のサントリーに入社後もスクラムハーフのポジションを自分のものとし、2年目にはキャプテンへ。

小柄な体格ではあるけれど、当たり負けしない強さと広い視野を持ち的確なパスを出す選手だと思います。ワールドカップでも是非活躍して欲しいです。(女性 20代)

 

最後は、38歳の大ベテラン・トンプソン・ルーク選手です。

トンプソン・ルーク(LO)

【生年月日】:1981年4月16日(38歳)
【出身地】:ニュージーランドの旗クライストチャーチ
【身長】:196cm
【体重】:110 kg
【学校】:セントビーズ高校
【大学】:リンカーン大学
【愛称】:TOMO(トモ)

私は今回まさかの日本代表候補に選出されました近鉄ライナーズのトンプソン・ルーク選手を注目いたします。

同選手は2015年のワールドカップで代表引退を宣言したにも関わらず、その翌年の日本代表戦で一戦限出場し、それでも既存の日本代表選手を遥かに上回るパフォーマンスを発揮しました。

その同シーズン所属チームの近鉄ライナーズでは、そのシーズンにトップリーグ降格の憂き目に合い、自身も降格決定した試合後は足を引きずりながら痛々しい表情も披露してしまうなど、ほとんどのファンがこの年限りでの現役引退を覚悟していました。

降格したトップチャレンジリーグで1年経過して、ライナーズは残念ながらトップリーグ復帰の至上大命題も果たせない中、そのオフつまり今季早々まさかのサンウルブズ召集→日本代表候補召集。

コレはもう今年のワールドカップも同選手を正式登録→前回同様とはいくか分かりませんが、ワールドカップ本番での大暴れを否応なしに期待せざるを得ません。(男性 40代)

 

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2019日本代表メンバー注目選手を調査!【まとめ】

今回はラグビー日本代表の注目選手をご紹介しました。

気になる選手は見つかりましたか?

日本代表ユニフォームを着て、日本代表を応援しましょう♪

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク