スポーツ

啓新高校野球部2019注目選手と戦力分析!

読了時間: 約226

第91回選抜高校野球大会が、2019年3月23日(土)から4月3日までの12日間開催されます。出場校32チームが決定し、熱い激闘が繰り広げられます。

今回は福井県の強豪校、啓新高校をご紹介。秋季北信越大会では準優勝!決勝戦で15回引き分け再試合の末、星稜高校に敗れましたが、強豪校の星稜高校相手に熱戦を繰り広げました。

それでは、啓新高校についてまとめます。

啓新高校野球部チーム紹介

啓新高校は、福井県福井市にある私立高校。甲子園への出場は春夏を通じて初となります!創部7年目の新しい高校ですが、すでにプロ野球選手を輩出している高校です(阪神・牧丈一郎選手)。平成10年までは、女子高校でした。平成10年に共学化され、一気に成長してきている高校で、期待が高まります。

啓新高校の2018年秋福井県大会3位決定戦、秋季北信越地区大会の結果

・秋季福井県大会 3位決定戦
啓新 3‐2 若狭

・秋季北信越大会 1回戦
啓新 1‐0 富山第一

・秋季北信越大会 2回戦
啓新 3‐2 遊学館

・秋季北信越大会 準決勝
啓新 4‐3 上田西

・秋季北信越大会 決勝
啓新 2‐2 星稜

・秋季北信越大会 決勝
啓新 4‐7 星稜

上記の結果の通り、福井県大会では第3位という記録を残しました。秋季北信越地区大会では準優勝。強豪校の星稜高校相手に15回延長引き分け再試合に持ち込むという、接戦を繰り広げました。

啓新高校のエースピッチャー安積航大の球種・球速

背番号1  安積 航大。184cm75kg/ 右投右打。ストレートの最高速度は135キロ。速球派ピッチャーとは言い難い選手ですが、その分制球力、変化球が魅力の選手。変化球はスライダー、カーブ、フォーク、シュート、チェンジアップなどを投げ込みます。緩急とコーナーを巧みに突く投球で打者を打ち取ります。

長身の選手ですので、冬のトレーニングを乗り越え、春の大会では以前よりも球速アップしている可能性もあり、期待できますね。春の選抜大会で好投を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

啓新高校の4番バッター竹原翔の分析

背番号7 竹原 翔。178cm 75kg 右投右打。2年生ながらチームトップの打点を叩き出した選手です。秋の公式戦では、3割3部3厘という高い打率を記録しました。

鋭く速いスイングが武器で、長打を生み出します。甲子園の舞台でもチームを波に乗せるようなバッティングをする姿が見たいですね。

啓新高校その他の注目選手について

背番号10 松浦 巧(投手)。175cm 70kg 右投右打。サイドスローのピッチャー。ストレートの速度は130キロ中盤を投げます。秋の大会では23回2/3を無失点に抑える安定感のある素晴らしい投球を見せてくれました。

その他にも、小野田渉冴選手(3年生 中堅手)は強肩で足も速い選手も注目です。啓新高校ナインに目が離せません。


啓新高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は福井県の名門、啓新高校に注目してみました。2012年に創部され、創部7年になります。歴史は浅い高校ですが、確実に力をつけてきている高校です。粘り強いプレーとチームワークで、勝利を掴みにいきます!甲子園でどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。

3月23日からの選抜高校野球大会が待ち遠しいですね。

https://matematemate-naninaninani.com/4246.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。