スポーツ

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想!谷幸之助など注目選手も!

読了時間: 約911

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想と注目選手についてアンケートをとってみました!

第101回全国高校野球選手権東東京大会が2019年7月6日(土)に開幕します。

二松学舎、関東第一、帝京などの強豪校揃いの東東京。

令和最初の甲子園出場を果たすのはどの学校か気になりますよね^^

早速ですがアンケート結果をご覧ください^^

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想アンケート結果

 

まずは、2018年夏の甲子園出場の二松学舎大付です。

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想:二松学舎

優勝候補予想は、二松学舎大学付属高校です。その理由は、海老原投手を中心に固い守りと野村外野手、右田外野手などの勝負強さが1発勝負の夏に有利だと考えたからです。注目選手は右田外野手で長打力が魅力です。(男性 20代)

二松学舎大附属。エースの海老原を中心に安定した守備陣。夏は守れるチームが勝てると思う。(男性 20代)

やはり二松学舎大附属ですね。ライバルはたくさんいるなかやはり山田将義選手に注目せざるを得ないです。もう世界のレベルの野球を経験してますし、今後楽しみな選手です。(男性 40代)

二松学舎大付属。野村昇大郎選手。俊足巧打のバッターがチームを勝利に導いてくれるから。(男性 40代)

二松学舎大学付属高校。昨年甲子園出場の実力校なので。注目選手は山田将義選手。(女性 40代)

二松学舎大付属。甲子園連続出場してるので今年もこのまま行くかと思います。
野村昇大郎選手。打率がすごいので彼がひっぱっていけると思います!(女性 30代)

東東京大会は、混戦模様。昨年の出場校、二松學舍大附、甲子園常連校の関東第一、私立の強豪校、帝京、春季4強の都小山台の4校が軸になる!

どこが勝ち上がってもおかしくない戦国模様で、東亜学園、修徳、都紅葉川が追う展開!

注目選手は二松學舍大附の右田君。2年生ながら主軸を打ち、恵まれた体からのパワーは必見です。(男性 20代)

二松學舍大学付属で注目選手は、秋広優人選手。最近甲子園によく出ていて、力をつけている。

秋広選手は身長198cm体重88kgという恵まれた体格で打球が早く打撃でかなり期待できそうだし、足も速そうなので走塁面も少し期待しています。(女性 20代)

私は東東京の優勝候補は二松学舎だと思います。関東一高との一騎打ちとなると予想します。注目選手は小柄ながら活躍が期待される野村昇大郎外野手です。(男性 20代)

二松学舎大付属高校。昨年の甲子園出場校であり、点を取られても取り返す力があるため予想する。注目選手:有馬卓瑠選手。出た試合は少なくとも1本はヒットとし出塁する三振があまり無い印象。(女性 20代)

 


次は、2019年春季大会ベスト4の関東第一です。

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想:関東第一

関東第一。春季大会でも準決勝まで進出しているし、最速146キロの谷君もいます。どんなに打線が強くても、優勝するには強い投手が必要だと思うので選びました。注目選手はもちろん谷君です。(女性 30代)

東東京は迷いましたが関東第一が優勝候補だと思います。高校は投手が鍵になると思います。谷君はボールが早くいい投手だと思います。(男性 30代)

関東第一高等学校です、過去の実力もさることながら練習量や質もダントツだと思うので。(男性 30代)

東東京は関東一高を予想。春季の前評判が夏にも発揮されるはず。(男性 40代)

関東一高。今年の春季大会の結果から予想しました。注目選手は谷投手です(男性 20代)

関東一高校で、小川投手の活躍で勝ち抜きます。(男性 50代)

関東第一高等学校を予想をします。春季大会でベスト4であるものの、長丁場を勝ち抜くための投手は揃っているので勝ち残っていくのではいくのではないかと思います。注目選手は関東第一は谷 幸之助投手と土屋大和投手の継投です。(男性 40代)

東東京大会の優勝候補の筆頭に挙げられるのが、春季東京都大会でベスト4に進出した関東一です。

2015(平成27)年に夏の選手権大会で準決勝に進出したことのある、全国的にも名前が知られているのが関東一です。

ストレートと多彩な変化球を低めに集め、打たせて取るピッチングが身上の土屋大和君が、エースを務めます。

内野を守るトップバッターの渋谷嘉人君は、東京代表のメンバーに入るほどの逸材で、シュアなバッテイングが魅力的です。(男性 50代)

今年の春季大会および最近の甲子園実績からいっても関東一高が優勝候補でしょう。注目選手は関東一高の谷幸之助投手です。持ち前のスピードと球の切れがあるので、うまく育てればプロでも活躍できるでしょう。(男性 40代)

東東京大会優勝候補として注目しているのは関東第一高校です。激戦区である東東京で、この数年間常に上位争いをしている実績があります。

米沢監督が指導する自ら考えて動くプレースタイルは個々の選手が実力を身につけ、チーム全体の力を高めています。

また、ピンチやチャンスといったプレッシャーがかかる場面に強いのもチームの特徴です。

近年の過去大会の戦績から、完封負けの試合がほぼ無いという得点力は大きな魅力と言えます。

投手はコントロールに定評がある土屋大和選手と力のある速球が武器の谷幸之助選手の二枚看板です。

特に谷選手はU-17東京都選抜メンバーに抜擢され、キューバに遠征をした経験があります。

安定感に不安がある谷選手ですが、自らの欠点を克服する力は持っているので甲子園に向けて力強い投球が期待できます。

そして同じく東京選抜のメンバーで、補欠合格としてキューバに遠征した内野手の渋谷嘉人選手は注目です。

キューバでの経験からパワー不足を実感し、冬にウエイトトレーニングに励んだ結果が実を結んでいます。

全体的に打撃力があるチームの中で、特に逆方向への強い打球が打てる打撃が光っています。

東東京大会は予想が困難な地区ですが、関東第一が勝ち進むと予想しています。(男性 30代)

私が考える、第101回全国高等学校野球選手権東東京大会の優勝候補は、関東一高校です。夏の大会に関しては打撃に強みがあるチームが優位かなと思います。

その中でも、打つだけでは勝てません。

投手力、投手の裁量、使い方なども考慮した上での采配も必要かと思われます。関東一高校の土屋投手には頑張っていただきたいと思っています。捕手の野口選手もしっかりリードしていただ期待と思います。(男性 20代)

 


次は、公立高校の星・都立紅葉川高校です。

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想:都立紅葉川

都立紅葉川。公立高校の星。春の東京都大会ではベスト16を果たして大躍進。シード権も獲得して勢いで大会を制圧するかもしれません。

注目選手はキャプテンでもある扇の要、鈴木大凱選手。精神的支柱でもある彼がチームを引っ張りチーム一丸野球で頂点を目指して欲しいです。(男性 30代)

 

次は春夏優勝経験のある帝京高校です。

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想:帝京

帝京高校。小松涼馬選手。1年生から活躍しているので。久しぶりに帝京高校を甲子園で見たいから。(男性 40代)

優勝予想・東東京:帝京。東東京の帝京については、戦力的には本命にするほどの戦力はないかもしれないが、今年は東東京は大本命が不在と見るので戦力的にチャンスがあると思います。

注目選手・帝京高校:小松 涼馬。帝京は、以前のように140キロ超の本格派投手を何人も要して、野手もドラフト候補がそろっていた時代に比べると小粒感は否めないが、今年こそは帝京を久しぶりに甲子園に導いて欲しい。(男性 40代)

帝京高校の小松涼馬選手に期待。最近関東第一、二松学舎などが力をつけており帝京もいい選手がいるので底力を見せて欲しい。(男性 20代)

優勝候補予想:帝京高校。復活の年になるか古豪帝京!

4月に行われた春季東京都大会ではベスト8という成績。東京大会は西高東低と言われており、二松學舍・関東一高の3高の争いになるのではないかと予想できる。

約7年も優勝から遠ざかっているので、今年は何か起こしてくれることを期待したい!

注目選手は小松涼馬選手。成長を続ける期待の二年内野手で、ザセカンドといったプレーが特徴の選手。

守備が安定している。打撃では選球眼よく、粘って四球が取れる技術がある。また東京都大会の国士舘戦ではHRも放っており、このまま成長を続ければ2年後はドラフト候補間違いないだろう。(男性 20代)

 

最後は、2019年春季東京都大会で強豪・早稲田実業を撃破した都立小山台高校です。

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想:都立小山台

東東京大会の優勝候補に挙げたいのが、昨夏の決勝戦で惜しくも敗れた都立小山台です。

春季東京都大会で準々決勝では、春夏共に甲子園で全国制覇の経験がある、高校野球ファンにお馴染みの早稲田実に7-6で勝利しています。

高校通算本塁打が30本を超える、生沼弥真人君は、早稲田実戦でもホームランを放ちました。

綿密な練習と指導内容に定評がある、都立小山台を都内屈指の強豪校に育て上げた福島正信監督の采配も楽しみです。(男性 50代)

今年の春の県大会でベスト4まで、勝ち上がった都立小山台高校には驚きでした。都立小山台高校は偏差値70近い進学校。

野球強豪私立校が多い東京で都立高校が活躍するのは、本当に久しぶりです。

令和初の甲子園への切符を勝ち取って、甲子園に都立高校旋風を巻き起こしてほしいです。

ピッチャーの安居院くんに期待です。東東京大会は関東一高という強豪校がいますが、頑張ってほしいです。(女性 40代)

小山台高校を優勝候補とします。

私学が圧倒的有利の東京都の中で、この春は甲子園での優勝の経験もある早稲田実業をも破り、ベスト4まで進みました。

秋初戦敗退から、冬の間に一気に力を付けており、この勢いで夏を制すると見ます。

注目は、エースの安居院勇源投手です。169cm、68kgと小柄な体格であり、威圧感などはありませんが、低めを丁寧に付くコントロールの良いピッチャーです。

先述の準々決勝の対早稲田実業戦でも三度のリードを許す試合ながら、粘り強く投げ、勝利を掴んでおり、注目です。(男性 20代)


夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想!谷 幸之助など注目選手も!【まとめ】

夏の高校野球東東京大会2019優勝校予想と注目選手についてのアンケート結果では、2018年夏の甲子園出場の二松学舎や、安定した成績を残している関東第一を推す声が多いようですね!

あなたはどの学校が優勝すると思いますか^^?

高校野球夏の東東京大会は7月6日(土)に開幕、7月27日(土)決勝戦予定です!

西東京大会の予想はこちらから

https://matematemate-naninaninani.com/5431.html

他の地域も要チェック!

https://matematemate-naninaninani.com/5613.html

最後までお読み頂きましてありがとうございました。