スポーツ

小園海斗の母親は元サッカー選手で有名人?ヒロミが親戚って本当?

読了時間: 約45

広島カープ2018年ドラフト1位の小園海斗内野手。

球団としては2000年に山梨学院大付高(現・山梨学院高)からドラフト6位で入団した苫米地鉄人投手以来の開幕1軍入を果たし話題になりました。

2019年4月5日時点では1軍登録抹消となっていますが、2軍で経験を積んで、1軍で活躍する姿を楽しみにしたいですね^^

「走攻守」の三拍子が揃った実力が高く評価されている小園選手ですが、どのようなご家庭で育ったのか気になったので、今回調べてみました!

小園海斗母親は元サッカー選手?

小園選手のお母さん、小園こずえさんは元女子サッカー選手で、なでしこジャパンの一員だったそうです。

埼玉の強豪・本庄第一高卒業後、22歳まで日本女子サッカーリーグの旭国際バニーズ(現バニーズ京都SC)に所属されていたとか!

50メートル走6秒後半のMFとして活躍されていたそうです^^

小園選手の足の速さはお母さん譲りのようですね♪

ちなみに小園選手のお父さんは走り幅跳びの元選手。

まさにアスリート一家!

そのご家族の写真がこちら。

お母さん美人さんです^^お父さんもかっこいい!左側は妹さんだそうですがかわいらしい方ですね♪

なんとパーフェクトな家族>w<

ちなみに、お母さんのこずえさんは小園選手をサッカー選手にしたかったとか。

幼少期には、枕元にサッカーボールを置いたけれど、小園選手は全く興味を示さなかったみたいです。

こずえさんの育児日誌によりますと、小園選手は、生後9カ月でキャッチボールを始めたということなので、もう幼い頃から野球選手にまっしぐらですね!

小園海斗はヒロミと親戚?

小園(こぞの)って結構珍しい苗字ですよね。

タレントのヒロミさんの本名が小園 浩己(こぞの ひろみ)で、息子さんが高校球児だったことから、ヒロミさんが小園選手の父親なのでは?とか、親戚なの?という噂があったようです。

もちろん父親ではありませんし、親戚でもないようです。

ヒロミさんの奥様の松本伊代さんが番組で、ご自分の次男さんが野球選手を目指していたので、同じ苗字の縁で応援したいとお話されていました^^

小園海斗の経歴と甲子園成績

【生年月日】:2000年6月7日(18歳)
【身長/体重】:178cm/73kg
【ポジション】:遊撃手
【出身】:兵庫県宝塚市
【経歴】:宝塚リトル(逆瀬台小学校) → 枚方ボーイズ(光が丘中学校) → 報徳学園高校

小園選手は、逆瀬台小学校の1年生から宝塚リトルで野球を始めました。

光が丘中学校では枚方ボーイズに所属、チームメイトには同級生で大阪桐蔭の4番だった藤原恭大選手(現千葉ロッテ)がいます。

報徳学園では1年生春から ベンチ入りをし 夏からはレギュラーに定着。 50m走は5秒8という早さです。

小園選手は報徳学園高校時代、甲子園には17年春と、18年夏の2回出場しており、通算7試合で打率.433、1本塁打、5打点、2盗塁の成績を残しました。

2年連続で侍ジャパンU-18に選出されています。

小園海斗 高校通算ホームラン

小園選手は高校時代通算38本塁打を記録しています。それに、足の速さと、守備の巧さで、走攻守揃った選手として高く評価されました。

藤原恭大と小園海斗は仲良し

小園選手と元大阪桐蔭の藤原恭大選手は、中学生の時、枚方ボーイズで共にプレーをし、中学3年生の時に1、2番のコンビで全国優勝を経験しています。

また、家族ぐるみで仲がよく、年末年始には毎年のように一緒に温泉旅行に行かれているそうです^^

その旅先で一緒にバッティングセンターに行き、初打ちを行うんだとか!

仲良しであり、良きライバルですね^^

2018年夏の甲子園で大阪桐蔭が優勝した翌日も、藤原選手が小園選手を誘ってバッティングセンターに行ったという話までありました!

2人は3年生の夏、甲子園での初対決を夢見て、同じ赤色のグラブでそろえたそうです^^(初対決はならずでしたが)

 

ちなみに小園選手の妹さんのスマートフォンの待ち受け画面は「格好いい[ハート]」とお兄さんではなく、藤原選手の写真だそうです!

お兄さんとしてはどういう気持なのでしょうか^^;

さて、小園選手と藤原選手ですが、高校時代から直接対決は行われていません。

2試合が水入り、3試合目も地震の影響で中止。プロに入っても雨で練習試合も中止。

未だに対決は実現せずです。

2人の念願の直接対決いつか見られるのか楽しみですね^^


小園海斗の母親は元サッカー選手で有名人?ヒロミが親戚って本当?-まとめ

元なでしこ戦士の母親を持つ小園選手。

タレントのヒロミさんとの関係はありませんでしたが、仲良しの藤原恭大選手と共に切磋琢磨して、日本の野球界を盛り上げていく選手になっていってほしいなと思います^^

最後までお読み頂きましてありがとうございました。