スポーツ

選抜高校野球2019広陵高校野球部注目選手と戦力分析!

読了時間: 約237

第91回選抜高校野球大会が、2019年3月23日(土)から4月3日までの12日間開催されます。

出場校32チームが決定し、熱い激闘が繰り広げられます。

今回は広島の強豪校、広陵高校をご紹介。

部員数88名の層の厚さを活かし、秋季広島県大会、秋季中国大会で見事優勝!

春の選抜高校野球でも優勝を狙います。

それでは、広陵高校についてまとめます。

広陵高校野球部チーム紹介

広陵高校は、広島県広島市にある私立高校。

野球部員数は88名。

夏の甲子園大会は23回、春の選抜大会は今回の大会出場を含め24回目の挑戦になります。

名門の強豪高校ですがスカウトを一切しない高校です。

そのため「広陵高校で野球がしたい!」という強い意志を持つ選手が在籍しています。

広陵高校は高校野球界の中で長い歴史を持つ強豪校です。

プロ野球の世界で活躍する、小林誠司選手、藤川球児選手、現阪神タイガース監督の金本知憲さんを輩出しています。

広陵高校の2018年秋季中国大会、明治神宮大会の結果

・秋季中国地区大会 初戦

広陵 2‐1 鳥取商

・秋季中国地区大会 準々決勝

広陵 13‐8 関西

・秋季中国地区大会準決勝

広陵 7‐0 創士学園

・秋季中国地区大会決勝

広陵 6‐2 米子東

・明治神宮大会初戦

広陵 0‐9 星稜

上記の結果の通り、広陵高校は、秋季広島県大会、秋季中国地区大会で優勝。

明治神宮大会では初戦に星稜高校に敗れました。

広陵高校エースピッチャー河野佳の球種・球速

背番号1 河野 佳投手 176cm74kg/ 右投右打

ストレートの自己最速記録は148キロ。

120キロ台のチェンジアップ、カーブを織り交ぜ、緩急を活かしたピッチング。

秋季中国地区大会の準決勝では、創士学園の西純矢と投げ合い、8回4安打無失点の好投を見せ、コールドゲームを決めました。

直球が武器の投手で、2種類のスライダーを使いこなします。

春の選抜大会でも好投を披露してくれるのでしょうか。楽しみです。 

広陵高校4番バッター宗山 塁

背番号6 宗山 塁(二塁手) 175cm 70kg 右投左打

星稜高校の奥川恭伸から2安打を放つ実力を持つ2年生選手。

また、一塁駆け抜けタイムは4.09秒の俊足です。

ミート力のある打撃が特徴で、チームの主力選手の一人です。

体格は決して大きい方ではないですが、テクニシャンタイプで2年生ながらプロ注目の選手です。

広陵高校その他の注目選手について

背番号10 石原 勇輝 (投手)178cm 76kg 左投左打

ストレートの最速は141キロ。

球威のある直球とスローカーブで打者を打ち取ります。

どんな場面でもインコースに投げられるのが石原選手の武器です。

強気のピッチングが特徴で、様々なピンチの局面を乗り越えてきました。

そのほか、バットを振りぬくスイングが印象的なパワーバッターの中村楓大選手も注目選手の一人です。

春の大会でも躍動してくれること間違いなしの、選手の層が厚い、頼もしい高校です。

広陵高校の試合を見るのが楽しみですね。


広陵高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は広島県の名門、広陵高校に注目してみました。

名門私立高校で、高校野球を語る上では欠かせない高校です。

伝統の守備力で試合の流れを作り、ヒットエンドランなどの起動力を活かした試合運びにも注目したいです。

チーム打率3.36割の打撃力と伝統の守備を武器にし、春の選抜大会に挑みます。

甲子園でどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。

3月23日からの選抜高校野球大会が待ち遠しいですね。

https://matematemate-naninaninani.com/3967.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。