スポーツ

明石商業高校野球部2019注目選手と戦力分析!

第91回 全国高校野球 センバツ大会が始まります。2019年3月23日(土)から12日間にわたり、全国から選ばれた32校のチームが激突します。

春の日本一はどこのチームが手にするのか注目です。

今回は春夏通算3度目の甲子園出場をきめた、兵庫県の強豪校 明石商業高校についてご紹介します。

スポンサーリンク

明石商業高校野球部チーム紹介

明石商業高校は、兵庫県明石市にある公立の商業高校です。

毎年多数の選手が在籍し、部員数が100人を超えることもザラにある大所帯の野球部。

身体づくりに力を入れており、授業がおわり最初のメニューは食事。

1人2合のお米を身体に入れ、練習をはじめる。鍛えあげられた身体は全国の高校球児と比較しても、筋肉量、体力で抜きんでているのが一目で分かります。

徹底した身体づくりに100人近い部員での激しいレギュラー争いにより個々が力をつけ、強豪揃いの兵庫県で勝負ができていると言えます。

明石商業高校 2018秋季大会 結果

2018 高校野球 兵庫県秋季大会 決勝

明石商業高校 3-2 神戸国際大附高校

 

2018 高校野球 近畿地区秋季大会 一回戦

明石商業高校 6-4 京都国際高校

 

2018 高校野球 近畿地区秋季大会 準々決勝

明石商業高校 4-0 報徳学園

 

2018年 高校野球 近畿地区秋季大会 準決勝

明石商業高校 12-0 智弁和歌山高校

 

2018 高校野球 近畿地区秋季大会 決勝

明石商業高校 1-2 龍谷大平安高校

2018年夏の甲子園のメンバーに、新戦力が台頭し劇的にチーム力が向上。

兵庫県大会では投打ともに安定した高いレベルを披露し、危なげない戦いで優勝しました。

夏の甲子園が終わってから、一カ月で30試合以上をこなし、勝率9割の結果を出し、そのままの強さを見せつけ近畿大会に乗り込みました。

その後の近畿大会でも強力な投手陣、打撃陣の活躍により名門校を次々と倒し、準優勝までのぼりつめ、センバツの権利を勝ち取った。

この秋の活躍でプロ野球のスカウトの目にかかる選手も一気に増えた模様です。

明石商業高校エースピッチャー中森 俊介の球種・球速

背番号1 中森 俊介投手 身長181センチ 体重78キロ 右投左打

1年生ながら強豪 明石商のエースピッチャーとなり、チームをセンバツに導く活躍をした中森俊介投手。最速145キロのストレートに、カーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を操る巧いピッチャー。

まだまだ線は細いが、伸びのあるストレートと精度の高い変化球で攻めるピッチングは多数のスカウトを魅了します。新二年生ではありますが、間違いなく来年のドラフト上位候補です。

スポンサーリンク

明石商業高校4番バッター安藤 碧 外野手

背番号9 安藤 碧 外野手 身長181センチ 体重75キロ 左投左打

2018年夏の甲子園でもメンバー入りし、新チームから4番に座る明石商の主軸。

まだまだ荒削りな部分は目立つが、恵まれた体格から繰り出すシャープなスイングは将来性バツグン。

思い切りの良さ、スイングスピードに精確さが加われば化けること間違いなしです!

明石商業高校その他の注目選手

背番号8 来田 涼斗 外野手 身長177センチ 体重74キロ 右投左打

入部当初、120人以上の部員の中で、1年春から1番 センターでレギュラー取り!

1年春以降チームのリードオフマンとして、明石商の攻撃に火をつける重要な役割を果たし、守備では外野の要としてプレーする。

中学時代から超有名選手で、大阪桐蔭などの強豪校述30チーム以上からスカウトされた過去を持ちます。

高校生離れした打撃センス、身体能力、スピード、判断力とすべての面で異次元のパフォーマンスを発揮。

エース中森と同様に、1年時からスカウトから追われている全国レベルの選手。

来田が試合の流れを手繰り寄せ、チームを勝利に導きます!

明石商業高校野球部2019注目選手と戦力分析!【まとめ】

地元の有望選手が集まり、とてつもない練習量、肉体改造を行い全国レベルまで成長してきた明石商業高校。

他のチームに負けない強靭な身体、劣勢をもはね返す精神力を武器に激戦区兵庫県を勝ち抜き、近畿大会でも躍進。

昨年の夏の甲子園での敗退をバックボーンに、更に一冬鍛え上げてきた明石商野球をセンバツでは見せてくれるでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク