スポーツ

選抜高校野球2019 星稜高校野球部注目選手と戦力分析!

第91回選抜高校野球大会が、2019年3月23日(土)から4月3日までの12日間開催されます。

出場校32チームが決定し、熱い激闘が繰り広げられます。

今回は石川の強豪校、星稜高校をご紹介。

秋季北信越大会で優勝し、明治神宮大会では準優勝という結果を残しました。春のセンバツの優勝候補として大暴れしてくれるのでしょうか。

「最強世代」と称される星稜高校についてまとめてみました.

スポンサーリンク

星稜高校野球部チーム紹介

星稜高校は、石川県金沢市にある私立高校。野球部員数は50名。

選抜出場12回、選手権出場19回の名門校です。

プロの世界やメジャーで活躍した松井秀喜さんや、現在楽天ゴールデンイーグルスで活躍する島内宏明選手が星稜高校の卒業生。

今年の星稜高校には、中学時代に日本代表選手を務めた選手が多く在籍しています。

昨年の夏の甲子園大会で先発ピッチャーだった奥川恭伸選手をはじめ、注目のメンバーが揃いに揃っています。

星稜高校 2018年秋季北信越大会決勝、明治神宮大会の結果

・秋季北信越大会 決勝

星稜 2‐2 啓新(延長15回 引き分け再試合)

星稜 7‐4 啓新

・明治神宮大会準々決勝

星稜 9‐0 広陵

・明治神宮大会準決勝

星稜 7‐4 高松商

・明治神宮大会決勝

星稜 1‐2 札幌大谷

秋季北信越大会では、啓新高校と延長15回の引き分け再試合を制し、24年ぶり8回目の優勝!

この勝利により、星稜高校は北信越代表とし明治神宮大会出場。

明治神宮大会決勝では、惜しくも敗退しましたが、堂々の準優勝という結果を残しました。

星稜高校 エースピッチャー奥川恭伸の球種・球速

背番号1奥川恭伸 183cm 82kg / 右投右打

最速150キロの直球。

変化球はスライダー、フォーク、カーブ、チェンジアップ。

昨年の夏の甲子園大会で150キロを記録し、注目を集めました。

2年生でU-18日本代表に選出されるという実力の持ち主。

フォークボールはU-18日本代表の同部屋だった、根尾昴(現中日ドラゴンズ)に教えてもらったとのこと。

マウンド上での笑顔が印象的で、精神的にも強い選手です。

また、緩急を活かした投球が魅力的です。

奥川選手とキャッチャーの山瀬選手は、小学校4年生からバッテリーを組んでおり、相性も抜群。

春のセンバツ大会でも、笑顔を絶やさず、勇敢且つ落ち着いたピッチングを見せてくれることでしょう。 

https://matematemate-naninaninani.com/5860.html

星稜高校4番バッター内山壮真の分析

背番号6内山壮真(遊撃手)171cm 70kg 右投右打

明治神宮大会の広陵高校との試合では、3打数2安打2打点と、チームの勝利に貢献する活躍ぶりを見せました。

大事な場面で勝負強さを発揮する選手です。

チャンスの場面での勝負強いバッティング、どんな投手にも対応できる野球センスに将来期待がかかります。

星稜高校のその他の注目選手について

背番号2主将 山瀬慎之助(捕手)177cm 82kg 右投右打

中学3年の時に「全国中学校軟式野球大会」で奥川選手と共に優勝を果たしています。

遠投120メートルの超強肩の選手です。1年生の秋からレギュラーキャッチャーとして活躍。

強肩に加えてスローイングも評価が高い山瀬選手。

ドラフト候補としても名前が挙がっています。

名門星稜高校のキャプテンとして、捕手として試合を引っ張り、活躍する姿を見るのが楽しみですね。

そのほか、135キロ前後のストレートを投げ込む2年生右腕、荻原吟哉(投手)や、2年生の寺西成騎(投手)にも注目が集まります。

星稜高校野球部2019 注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は石川県の名門、星稜高校に注目してみました。

星稜高校は、野球の名門私立高校で、歴史的にも長く結果を残してきている高校です。

今年の星稜高校は、スター選手が多く在籍しているのが見ものですね!

今回の選抜大会でも大いに躍動してくれることでしょう。

星稜高校野球部から、目が離せません!

https://matematemate-naninaninani.com/3773.html

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク