スポーツ

選抜高校野球2019智弁和歌山高校野球部注目選手と戦力分析!

第91回 センバツ高校野球大会が、3月23日(土)に開幕します。

全国から選ばれた32校のチームが春の王者を目指し、熱い戦いを繰り広げます。

今回は高校野球ファンなら誰でも知っている強豪校、智弁和歌山高校を紹介していきます。

スポンサーリンク

智弁和歌山高校野球部チーム紹介

智弁和歌山高校は、和歌山県和歌山市にある私立学校。

部員数は24人。

各学年10人前後しか新入部員を取らないという方針は有名な話です。

前監督は甲子園歴代最多68勝の高嶋仁さんで、昨秋から愛弟子の元プロ野球選手の中谷仁監督に引き継ぎました。

ほとんどが和歌山県出身の選手ですが、近畿圏の選手も少数いて下宿したり遠距離通学しています。

今年のチームは何と言っても経験値の高さがウリ。

2017年夏の甲子園から全ての甲子園に出場しています。

今年のチームにも、昨年のセンバツの決勝戦、夏の悔しい負けを経験し、そのグラウンドに立っていた選手が多数います。

勝負どころ、土壇場で結果を左右する経験値を武器に頂点を目指します。

スポンサーリンク

智弁和歌山高校2018秋季大会結果

2018年高校野球和歌山県秋季大会決勝

智弁和歌山高校  9-6  市立和歌山高校

2018年高校野球近畿地区秋季大会一回戦

智弁和歌山高校  12-5  大阪偕星学園

2018年高校野球近畿地区秋季大会準々決勝

智弁和歌山  5-2    大阪桐蔭高校

2018年高校野球近畿地区秋季大会準決勝

智弁和歌山高校  0-12  明石商業高校

昨秋から指揮を執る中谷新監督に変わり、激しい乱打戦を勝ち抜く野球から、送りバントやスクイズ、盗塁を多用する繋ぐ野球に変化が見られました。

もともと打力のある選手が多く攻撃力は目立っていましたが、そこに小技も絡め、相手からしたら嫌な野球で勝ち進んできました。

チームの成長、新戦力の台頭もあり、昨秋は因縁の相手だった大阪桐蔭高校にも勝利しました。

準決勝の明石商業高校戦では、新戦力、新しいパターンの戦い方をしたのもあり、かみ合わず大敗しましたが、チームの力は疑う余地はなく、堂々の甲子園の主役候補です。

智弁和歌山高校エースピッチャー池田陽佑の球種・球速

背番号1 池田陽佑 身長180センチ 体重78キロ 右投 右打

バランスの良いフォームからテンポの良い投球が持ち味。

球速自体は130キロ後半だが、打者の手元でのノビ、変化球のキレで打者を翻弄する。

また大舞台での登板経験も多くあり、勝負どころでの投球術、かわし方には高校生離れしたものがあります。

ホームベースを最大限に使う投球術で、甲子園のマウンドでも活躍してくれるでしょう。

スポンサーリンク

智弁和歌山高校4番バッター東妻  純平

東妻  純平 捕手 身長172センチ 体重74キロ 右投 右打

1年秋からスタメンマスクを被る強肩強打のキャッチャー。

兄は2018年ドラフト会議で二位指名でロッテに入団した東妻勇輔投手です。

1学年上の平田投手や、同学年の池田陽佑投手、1学年下の左腕  池田泰騎投手まで、タイプの違う投手を引っ張り、結果を残しています。

リードや強肩はもちろん、新チーム以降はチームの主軸として打線の中心選手です。

攻守の要として、新生 智弁和歌山を勝利に導きます。

智弁和歌山高校その他の注目選手

背番号4   主将  黒川 史陽 内野手 身長180センチ 体重80キロ 右投 左打

1年春からベンチ入りし、甲子園を何度も経験している選手

父も兄も甲子園に出場しており、野球一家に育っています。

ズバ抜けた打撃センスとバットコントロール。

全国区でもトップクラスの勝負強さはドラフト上位間違いないと言われるほどです。

高校生トップクラスの打者が迎える、最後の半年。

甲子園の常連から、甲子園の覇者になれるか

活躍を期待しています。

スポンサーリンク

智弁和歌山高校野球部2019注目選手と戦力分析!【まとめ】

「智弁和歌山相手にセーフティリードはない」

数々の名将にそう言わしめた、超攻撃野球からのモデルチェンジ。

高い打撃力に、バント、スクイズを絡め大量得点をより効率的に取る。

前監督と現監督の野球がひとつになった新生 智弁和歌山野球。

春の日本一を目指し、赤いCが暴れまわる。

高校球児たちの熱き戦いが、ますます楽しみですね。

https://matematemate-naninaninani.com/3866.html

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク