スポーツ

選抜高校野球2019横浜高校野球部注目選手と戦力分析!

読了時間: 約243

第91回センバツ高校野球大会が、2019年3月23日(土)から始まります。

全国から選ばれた32校のチームが12日間に渡り、春の王者を目指し戦います。

今回は高校野球ファンなら知らない人はいない東の名門・横浜高校を紹介していきます。

横浜高校野球部チーム紹介

横浜高校は、神奈川県横浜市にある中高一貫の私立校で、生徒は1000人を超えます。

現役プロ野球選手を最も多く卒業生として出しており、横浜高校出身はプロでも成功しやすいと言われるほどの名門。

誰もが知る中日ドラゴンズ松坂大輔投手や、日本の4番筒香選手などを輩出しています。

部員数は42人で、ほとんどが関東地区の選手ですが、福島県、北海道、熊本県、静岡県などから進学された選手もいます。

甲子園では見ないことがないくらいの常連校で、今年のエースピッチャー及川投手のような素晴らしいタレントが多数います。

今年のチームはプロ注目のエース及川投手中心に点を与えない野球でリズムを作り、強打者揃いの打線で繋ぐ野球を展開します。

横浜高校野球部2018秋季大会結果

2018高校野球神奈川県秋季大会決勝

横浜高校11-2桐蔭学園高校

2018高校野球関東地区秋季大会一回戦

横浜高校8-2甲府工業高校

2018高校野球関東地区秋季大会準々決勝

横浜高校2-9春日部共栄高校

安定感のある投手力、打撃陣を擁し超激戦区の神奈川県大会を優勝。予選では強豪ばかりと当たるも、次々と勝ち上がり圧巻の試合運びを見せた。

春日部共栄戦では投手陣が捕まり、大量失点で敗れたが投手陣の能力は間違いなく全国レベルです。

加えて、半数以上が下級生の打線も、タレントが揃っているため、チームの地力、総合力、将来性を期待され出場権を手にしました。

横浜高校野球部エースピッチャー及川雅貴の球種・球速

背番号1及川雅貴 身長182センチ 体重71キロ 左投左打

中学生の頃からスーパー中学生としてバラエティ番組に数々出演し、全国区で名の知れた投手。

横浜高校入学後も1年春からベンチ入りし、1年夏、2年夏と甲子園のマウンド、空気を熟知している経験豊富な投手です。

最速153キロのストレートに、スライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を駆使し、打者を抑えるピッチングにはプロのスカウトも舌を巻きます。

ドラフト上位間違いなしの今大会No.1サウスポーです。

横浜高校野球部・4番バッター内海貴斗内野手

背番号3 内海 貴斗 身長181センチ体重75キロ 右投左打

名門横浜高校の4番でありキャプテン。

1年夏からベンチ入りし、甲子園の地を踏んでおり、名門横浜高校の中で下級生からレギュラーを張ってきた強打者です。

大きな身体に似合わずバツグンのバットコントロールを備え、どんな球も苦にしない柔らかいバッティングが持ち味。

強打者揃いの打線の中で一際目立つバッティングセンスでチームの勝利を手繰り寄せます。

横浜高校野球部その他の注目選手

背番号4 度会隆輝内野手 

1年春から全てベンチ入りしており、新チームからは3番セカンドとして名門の中心選手となりました。

父は元ヤクルトスワローズの度会博文選手で、自身も日本代表に選ばれたこともある野球エリートです。

ズバ抜けた勝負強さ、打撃センスを持ち合わせており、間違いなく甲子園で躍動するでしょう。


選抜高校野球2019横浜高校野球部注目選手と戦力分析!【まとめ】

甲子園常連校の名門横浜高校。激戦区神奈川県の頂点に立ち、日本一5回、準優勝1回の成績を残す横浜高校だがここ最近は勝ち残れない甲子園が続いています。

名門中の名門の横浜高校が好投手及川を始め、タレント集団を率い、春の王者を取りに来る。期待を裏切らない野球で甲子園で暴れまわってくれるでしょう。

https://matematemate-naninaninani.com/3793.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。