スポーツ

津田学園高校野球部2019注目選手と戦力分析!

読了時間: 約251

第91回高校野球春のセンバツが、3月23日(土)から始まります。

全国の高校野球部チームの中から選ばれた総勢32チームで春の日本一を目指し、戦っていきます。

今回は17年ぶり3回目のセンバツを決めた、三重県の津田学園高校を紹介していきます。

津田学園高校野球部チーム紹介

津田学園高校は、三重県桑名市にある私立学校。

部員数はマネージャーも含め、総勢71名。

部員数が多く、激しいレギュラー争いを展開。

県外からの選手もかなり多く、兵庫、愛知、福井など多数の県から甲子園を目指して集まっています。

監督も元PL学園野球部の出身の方で、関西からの選手も集まっています。

2019年度のチームの特徴は何と言っても最速148キロ右腕の前佑囲斗投手。

東海大会でも3試合連続で完投しており、恵まれた身体の強さを持つエースを中心に、切れ目のない繋がる打線で援護射撃をする野球を持ち味としたチームです。

津田学園高校2018秋季大会結果

2018高校野球三重県大会準決勝

津田学園2-3菰野高校

2018高校野球三重県大会3位決定戦

津田学園4-0海星高校

2018高校野球東海地区秋季大会一回戦

津田学園10-3大垣日大〔7回コールド〕

2018高校野球東海地区秋季大会準決勝

津田学園13-2中京大中京(5回コールド〕

2018高校野球東海地区秋季大会決勝

津田学園2-10東邦高校

三重県大会では3位だったが、東海地区大会では大躍進。

4試合で32得点と高い攻撃力を見せつけ、他のチームを圧倒。

ピッチャーのチームという下馬評を覆し、打ち勝つ超攻撃野球を展開し東海地区2位までのぼりつめた。

エースピッチャー前佑囲斗を中心とした守備と、切れ目のない攻撃力を評価されセンバツを決めました。

津田学園エースピッチャー 前佑囲斗の球種・球速

背番号1 前 佑囲斗 投手 身長183センチ体重85キロ 右投右打

最速148キロのストレートが武器のプロ注目の本格派ピッチャー。

2018年夏以降、食トレ、ウェイトトレーニングに力を入れ、強靭な身体を作り上げました。

この肉体改造により、ストレートの伸びはもちろん、高速スライダー、カーブなどの変化球もキレを増しました。

まだまだコントロールは粗削りですが、それが打者の狙い球を絞らせないよう作用し、ハマった際には試合を支配するほどの能力を持ち合わせています。

東海大会でも3試合連続完投と、スタミナ、身体の強さ、強いハートを備えた今大会要注目ピッチャーです。

津田学園4番バッター前川夏輝

背番号44番 前川夏輝 内野手 身長178センチ体重74キロ 右投右打 

高い攻撃力で秋を勝ち上がったチームの中心に座るのが前川夏輝内野手。

東海大会では3試合連続ホームランというスラッガーぶりを見せたが、何よりも打率がすごい。

ホームランの打てる4番にも関わらず、東海大会では打率5割を超える。

パンチ力だけでなく、器用さを持ち合わせた4番の存在が津田学園の攻撃力に幅をもたせ、多彩な攻め方をもたらしていると言っても過言ではありません。

津田学園その他の注目選手

背番号6 大音壱汰 内野手 

津田学園の守備の要でもあり、津田学園の切り込み隊長。

高校生離れした走塁センスと判断力を持つうえに、出塁率がかなり高い。

打率、出塁率が高いだけでなくスピードもあるため、投手としてはどうしても塁に背負いたくないランナーになります。

津田学園の破壊力ある打線の火付け役として、甲子園で躍動すること間違いないでしょう。


津田学園高校野球部2019 注目選手と戦力分析!【まとめ】

古豪揃いの三重県でベスト4に入り、東海大会では強豪校を倒し準優勝と結果を残した昨年の秋から、一冬こえてどこまで成長したか。

選手の持つ潜在能力、意外性は一級品。

初戦敗退もあれば、最後まで残る可能性も秘めています。

予測不能な津田学園野球に期待を抱き、春の躍動に期待しましょう。

https://matematemate-naninaninani.com/3874.html

最後までお読み頂きましてありがとうございました。