スポーツ

選抜高校野球2019山梨学院高校野球部注目選手と戦力分析!

第91回選抜高校野球大会が2019年3月23日(土)から4月3日(水)の12日間(休養日を含む)甲子園球場で開催されます。

32チームの出場校が決定しました。

今回は関東地区ベスト4の山梨学院高校を分析します。

秋季関東大会準決勝では接戦で負けてしまいました。

しかし、長所が違う各投手陣の実力の高さと強力な打線で、春の選抜出場を決めました。

その山梨学院高校についてまとめてみました。

スポンサーリンク

山梨学院高校野球部チーム紹介

山梨学院高校は、山梨県甲府市酒折にある中高一貫の私立高校。

野球部員数は53名。

今回の選抜含め甲子園には春夏通算11回の出場をする強豪校です。

甲子園では2回戦敗退が最高成績。

スカウトなどによる県外出身選手が主で、県内出身選手の割合が少ないのが特徴です。

昨年5位指名の垣越建伸(中日)、明石健士(ソフトバンク)、内村賢介(現役引退)、松本哲也(現役引退)など輩出。

入学時から実績がある選手が揃っています。

私立で強豪校の為、練習環境が整っていると言えるでしょう。

各選手が長所を発揮出来るよう多様なトレーニング・食事・休養を大事にしながら、春の選抜大会に向けて強化をしてきました。

山梨学院高校の攻撃スタイルは、4番の野村中心に長打力を活かし二桁安打の試合が多い傾向があります。

ただ、秋季山梨大会決勝、関東大会準決勝でも、安打数は相手チームより多いにも関わらず敗戦しています。

下位打順選手の打撃向上と好機を逃さない勝負強さを鍛える事で、さらに飛躍できるでしょう。

守備面では相澤の巧みな変化球で打者を打ち取るスタイルで勝ち進んできました。

控え投手といっても個性が違う選手を揃えている為、対戦相手や試合状況次第で先発や継投も流動的な可能性があります。

対戦相手もタイミングをとるのに苦労するのでしょう。

課題として相澤の球速がもう少し早くなり、奪三振が増えることに期待したいです。

山梨学院高校の2018年秋季大会の結果

・高校野球秋季山梨大会2018年決勝
山梨学院 2‐5 東海大甲府

・高校野球秋季関東大会2018年1回戦
山梨学院 7-2 中央学院

・高校野球秋季関東大会2018年準々決勝
山梨学院 9-1 前橋育英

・高校野球秋季関東大会2018年準決勝
山梨学院 1-2 春日部共栄

秋季関東大会1回戦、準々決勝ともに二桁安打で勝ち進んでいました。

しかし、準決勝の春日部共栄戦では村田投手に僅か6安打と封じられてしまいます。

投手陣もリードを守りきれず、逆転負けを喫しました。

山梨学院高校エースピッチャー 相澤利俊の球種・球速

背番号1 相澤利俊 175cm 72kg / 左投右打

最速128キロの左腕。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップの3種類です。

コントロールが武器で変化球を駆使し、打者のタイミングをずらしてとらせるスタイル。

一塁手も兼任。主将も務めています。

相澤選手は県内出身の選手で、1年生時から甲子園のベンチ入りを経験しています。

山梨学院高校は試合ごとに先発も流動的で、右腕の中込・佐藤、左腕の相澤・駒井と投手層が厚い中で、比較的登板回数が多いのが相澤選手です。

秋季大会通して失点が少なく、変化球の切れと制球力で安定しているので春の選抜でも注目したいです。

そして、球速が秋より伸びていれば、投球の幅が広がり三振も増えるのではないでしょうか。

打撃でも3番を担いチームを支えているので見逃せません。

山梨学院高校の4番バッター野村健太

背番号7 野村健太 外野手 180cm 88kg 右投右打

パワー型の選手で2018年夏の甲子園では初戦敗退ながら本塁打を放ち印象を残しました。

その体格や豪快さからソフトバンクの重量級バッター、デスパイネ選手にちなみ「山梨のデスパイネ」とも呼ばれています。

高校通算本塁打34本と量産している為、春の選抜大会でもチームを引っ張っていってほしいです。

山梨学院高校その他の注目選手について

背番号2 栗田勇雅 捕手 172cm 79kg 右投右打

2018年の春季山梨大会初戦途中から正捕手として、1年生ながらレギュラー出場し注目を浴びました。

山梨大会では2本塁打、関東大会で1本塁打と爪痕を残しています。

夏の甲子園では初戦敗退でした。

秋季大会では各投手を好リードしベスト4まで進出しましたが、打撃面では目立った活躍があまり見受けられなかったので、得点に絡む活躍を見たいです。

その他に6番の小吹悠人(内野手)は栗田と同じシニアチーム出身です。

夏の甲子園で先に活躍する栗田に悔しい思いをしましたが、それを糧に打撃強化を図り、秋季関東大会では初の本塁打を放ちチームに貢献しました。これから楽しみな選手です。

選抜高校野球2019 山梨学院高校野球部注目選手と戦力分析!【まとめ】

今回は山梨の強豪、山梨学院高校に注目しました。

絶対的エースはいないものの、それぞれ魅力的な実力がある投手陣。

野村・相澤らが支える強力打線。今年は上位進出を果たしてほしいです。

3月23日(土)から繰り広げられる戦いが楽しみです。

https://matematemate-naninaninani.com/4022.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク