スポーツ

選抜高校野球2019札幌大谷高校高校野球部注目選手と戦力分析!

第91回春のセンバツ高校野球大会が始まります。2019年3月23日(土)に開幕し、全国から選ばれた32校のチームで、春の日本一を目指し戦います。

今回は2018年の明治神宮大会で優勝し、初の甲子園出場をきめた札幌大谷高校について分析していきます。

スポンサーリンク

札幌大谷高校野球部チーム 紹介

札幌大谷高校は、北海道札幌市にある私立学校です。元々は女子高で、2009年に共学になったことで野球部が作られた、まだ新しい野球部です。中高一貫の学校で、野球部もまた中学時代には札幌大谷リトルシニアと言うチームで育成され、札幌大谷高校に上がってきます。

明治神宮大会でも、半数以上がリトルシニア上がりの選手でした。

豆知識として、現メジャーリーガー田中将大投手の奥さん・里田まいさんの母校でもあります。

札幌大谷高校2018秋季大会結果

2018   高校野球  北海道 秋季大会  決勝

札幌大谷高校  9-6  札幌第一高校

 

2018  高校野球  明治神宮大会  一回戦

札幌大谷高校  6-5  龍谷大平安高校

 

2018  高校野球  明治神宮大会  準々決勝

札幌大谷高校  7-3  国士舘高校

 

2018  高校野球  明治神宮大会  準決勝

札幌大谷高校  5-2  筑陽学園高校

 

2018  高校野球  明治神宮大会  決勝

札幌大谷高校  2-1  星稜高校

 

夏の悔しい初戦敗退から一気に成長を遂げたチーム。中学時代の札幌大谷リトルシニア時代にも、全国ベスト8まで勝ち上がった実績があり、大舞台での経験、勝ち上がる力を兼ね備えたチームの歯車が噛み合い一気に頂点まで上り詰めました。

なんといっても札幌大谷のウリは多彩な投手陣。本格派のエース 西原、変則右腕の太田、身長196センチの大型サウスポー阿部、キレと制球の小兵 増田とバリエーションに富んでいます。

多彩な投手の継投により、相手打者の目線、リズムを断ち切る。変幻自在の投手リレーはこの春の見どころです。

札幌大谷高校エースピッチャー西原 健太の球種・球速

背番号1 西原 健太 投手。身長184センチ。体重90キロ。右投 右打。恵まれたドッシリした身体から投げ込まれるストレートはパワー充分。平均130キロ後半ながら、打者のスイングに負けない球威があり、ガンガン押していくピッチングスタイルです。スライダー、スプリット、カーブで打者を揺さぶり、ストレートで押し込む。

昨秋はコンディションの問題もあり、パッとしないこともあったが、この冬で技術、フィジカル共に高く仕上げて一段成長した。力でねじ伏せるパワー系ピッチャーの投球に注目です!

札幌大谷高校3番バッター飯田  柊哉捕手

背番号2   飯田  柊哉捕手。身長173センチ。体重71キロ。右投 右打。決して大きい身体とは言えないが、パンチ力、意外性のある3番バッター。

4番でエースの西原と共に、打線、守備の中心選手であり、中学時代には西原と揃って、日本ハムJr.に選抜されバッテリーを組んでいます。

多彩な投手陣を擁する札幌大谷高校の守備を引っ張る存在であり、投手陣の持ち味を引き出すことに長けている選手で、ナインからの信頼も厚い選手です。

札幌大谷高校その他の注目選手

背番号 17 変則右腕 太田 流星 投手。身長172センチ。75キロ。右投 右打。札幌大谷の多彩な投手陣の中のひとり。

その日その日で投げる際の腕の高さを微調整し、投球を高いレベルで維持できる器用なピッチャーです。

昨秋はエース西原の調子が悪いときには先発を、試合の流れを変えるときにはロングリリーフなど、どんな起用にも応える投手陣には欠かせない選手です。

選抜高校野球2019 札幌大谷高校高校野球部注目選手と戦力分析!-まとめ

夏の悔しい敗退を乗り越え、明治神宮大会の頂点に上り詰めた札幌大谷高校。中学時代からの仲間が多いこともあり、同じ志を持ち、他にはない信頼感でバツグンのチームワークを発揮します。

昨秋の数々の強豪校との試合で勝ち上がり、自信と勝ち方を身につけ、更に雪国での激しいトレーニングをしチームを強化してきました。

抜きん出たタレントはいないが、一人一人が役割を果たす全員野球で新興勢力の札幌大谷が甲子園で暴れまわってくれることでしょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク