スポーツ

選抜高校野球2019桐蔭学園高校野球部注目選手と戦力分析!

第91回 春のセンバツ高校野球が2019年3月23日(土)から始まります。

各地区大会で成績を残し、選ばれた32校のチームで春の日本一を目指して戦います。

今回は激戦区神奈川で準優勝し、関東大会の頂点に立った桐蔭学園高校をご紹介します。

スポンサーリンク

桐蔭学園高校野球部チーム紹介

桐蔭学園高校は、神奈川県横浜市にある中高一貫の私立学校。

学力もかなり高い学校であるにもかかわらず、スポーツも盛んで、ラグビー、剣道、サッカー、野球など、全国大会の常連の部活動も多数あります。

元読売ジャイアンツ監督・高橋由伸さんや、現千葉ロッテマリーンズ 鈴木大地選手などプロ野球の世界にも多数輩出しています。

現在野球部には50名所属しており、ほとんどが関東地区の選手ですが、全員寮生活が決まりのため、静岡県や愛知県からの選手も在籍しています。

桐蔭学園高校 2018秋季大会結果

2018   高校野球   神奈川県秋季大会   決勝

桐蔭学園高校  2-11  横浜高校

2018   高校野球   関東地区秋季大会   一回戦

桐蔭学園高校  7-5  常総学院高校

2018   高校野球   関東地区秋季大会   準々決勝

桐蔭学園高校  8-1  佐野日大高校

2018    高校野球  関東地区秋季大会   準決勝

桐蔭学園高校  4-2   習志野高校

2018    高校野球  関東地区秋季大会   決勝

桐蔭学園高校  9-6  春日部共栄高校

 

2018   高校野球   明治神宮大会  一回戦

桐蔭学園高校  1-10  筑陽学園高校

 

夏の大会が終わり、急激な成長を遂げ、一気に関東地区の王者になった桐蔭学園。

輝かしい甲子園での実績がある中で最近は他の高校に圧倒されていましたが、古豪復活とも言えるような結果をだしました。

ハイレベルな投手陣の継投、勝負所での集中打、隙をつく機動力など野球の基本を忠実に再現する。神奈川県大会決勝では、ミスが重なり大敗したものの、それを教訓に、チームとしての戦い方、個人の役割の再認識に繋げ秋の大会期間中に劇的に成長しました。

桐蔭学園高校エースピッチャー伊禮 海斗の球種・球速

背番号1  伊禮 海斗投手 身長174センチ 体重64 キロ 左投 左打

県大会では背番号11を付けたが、関東大会ではエースとして背番号1を背負いフル回転。

味のある技巧派左腕で、ホームベースを最大限に使うピッチングが持ち味で、内外上下だけでなくホームベースの前後も使う投球術は圧巻。

昨秋も「打てそうで打てない」と何人もの監督、選手に言わしめるほどにバッターをかわすのが上手く、相手のリズムを作らせない。

甲子園でも数々の強打者を翻弄し、古豪復活の立役者となることが期待されます。

桐蔭学園高校4番バッター上川  航平選手

背番号3  上川  航平選手 身長175センチ 体重76キロ 右投 右打

2年夏からレギュラーを張っている経験豊富な強打者。体格に似合わず鋭いスイングでボールを捉え、安打を量産します。

ホームランよりも得点を最優先にするチームバッティングの4番バッターで、打率も3割以上の結果を残しています。

3番に強打者  森がいるためチャンスで回ってくることが多く、上川の結果がキーと言っても過言ではないでしょう。

桐蔭学園高校その他の注目選手

背番号6    森  敬斗 内野手 身長175センチ 体重70キロ 右投 左打

2019桐蔭学園の象徴とも言える3番 ショートの選手。

バランスの良い体格で走攻守すべてにおいて全国トップクラスのプロ注目選手です。

打っては東海大会での逆転満塁弾を含む3本塁打、4割近い打率とパンチ力、安定感もら兼ね備えた好打者。

守っては、高校生トップクラスの走力、肩の強さ。線の細さが気になった昨秋から食事、トレーニングを改善し体重の増加にも成功。

この冬で大きく成長したスーパーショートの活躍は間違いないでしょう。

https://matematemate-naninaninani.com/4692.html

選抜高校野球2019 桐蔭学園高校野球部注目選手と戦力分析!-まとめ

古豪復活の期待がかけられている2019桐蔭学園ナイン。

OBや高校野球ファンが声を揃えるほど、今年のチームはバランスが良く、力があるチームになっています。

まだまだ荒削りな面は投打ともに見られますが、一試合一試合での成長も見られ、大会中に伸びる可能性大!!

この冬を越え、関東王者がどこまで成長し、甲子園を驚かせるか期待しましょう。

https://matematemate-naninaninani.com/3663.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク