スポーツ

高校バレーインターハイ2019女子優勝校予想!宮部愛芽世など注目選手も!

高校バレーインターハイ2019女子優勝候補予想と注目選手についてアンケートをとってみました!

2019年令和元年度全国高校バレー女子インターハイ(高校総体)が2019年7月25日(木)~7月28日(日)の期間で開催されます!

2019年の開催地は宮崎県。

選手の皆さんには熱中症には十分気をつけていただきたいですが、暑い気温に負けない、熱い戦いが繰り広げられるのが楽しみですね^^

令和最初の高校バレー女子インターハイを制するのはどの学校なのか、早速アンケート結果をご覧ください^^

スポンサーリンク

高校バレーインターハイ2019女子優勝校予想アンケート結果

まずは、秋田県代表・秋田北高校です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:秋田北(秋田)

秋田北高校。野中瑠衣選手に注目です。中学時代全日本ユースとして活躍した彼女率いる北高校で、彼女を中心とした素晴らしい連携が魅力なので期待してます。(男性 20代)

 

次は、宮城県代表・古川学園です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:古川学園(宮城)

古川学園。キューバからの留学生、185センチのメリッサ・バルデスを中心に攻撃力のレベルが高いです。拾ってつなぐ場面がたくさん出てくると、粘り勝ちする力があると思います。(女性 30代)

 

次は、埼玉県代表・細田学園です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:細田学園(埼玉)

細田学園。個人的に応援しています。特に注目選手はいませんが、埼玉なので頑張って欲しいです。(女性 20代)

 

次は東京都代表・八王子実践高校です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:八王子実践(東京)

八王子実践が激戦を勝ち実力をつけているからです。大川愛美選手が頑張ってくれると思います。(男性 40代)

大川愛美選手に注目しています。1年生からレギュラー。そしてセッターからアッタカーまでこなすオールラウンドプレイヤー。 東京都八王子実践が優勝候補です。(男性 30代)

八王子実践高校を優勝候補とします。関東大会を制していて勢いがあるからです。注目は大川愛海選手、強烈で相手のワンタッチを取れるアタックの精度は高校生離れしており、注目です。(男性 20代)

 

[the_ad id=”4358″]

次は、東京都代表・下北沢成徳高校です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:下北沢成徳(東京)

下北沢成徳高校。いつも優勝争いをしているからです。特に注目選手はいません。みんな強いので団結力や組織力で勝っていくと思います。(女性 20代)

下北沢成徳でエースの舟根の活躍で優勝します。(男性 50代)

下北沢成徳高等学校(東京)です。第68回黒鷲旗に高校代表として金蘭会高等学校と2校選出されました。

卒業した先輩の石川真佑選手が所属する、Vリーグの名門チームと試合をしてストレート負けしたものの、僅差のゲームを繰り広げるなど、プロと渡り合える力を持っている事から優勝候補と予想しました。

注目選手は舟根綾菜選手です。15歳でU-17日本代表に選出され、アジアユース選手権ではレギュラーとして優勝に貢献しました。

バレー部の小川監督からも日本代表になる資質があると太鼓判を押されています。

舟根選手の武器はサーブです。揺れて落ちる予測不能なサーブは他校の選手を苦しめるのではないでしょうか。舟根選手のサービスエースに注目です。(女性 30代)

下北沢成徳高校 チームワークがよく監督の見守る指導に惹かれます。注目は、舟根綾菜さん。(女性 40代)

下北沢成徳高等学校を優勝を予想します。昨年度のインターハイ優勝校であるが、昨年度優勝メンバーが卒業したものの各ポジションにメンバーも揃っており、連覇の可能性も高いのではないかと思います。

注目選手は宮地佳乃選手で昨年もレギュラーとして経験もあり、主軸としてチームを引っ張ってくれるのではないかと思います。(男性 40代)

下北沢成徳高校で毎年好成績を残す安定感のあるチームだからです。注目選手は高橋千穂選手でセンターとしてチームを支えているので期待をしています。(女性 20代)

東京代表の下北沢成徳高校がどこまでいけるか楽しみにしてます。出来たら優勝して欲しい!石川まゆちゃんが抜けたあとのエースを任せられた舟根綾菜ちゃんの活躍次第でいけるんじゃないかなと思ってます。(女性 50代)

https://matematemate-naninaninani.com/4824.html

 

次は大阪府代表、金蘭会高校です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:金蘭会(大阪)

宮部愛芽世選手がいる金蘭会。中学生時代から活躍しているので、今大会も優勝を目指してほしいから。(男性 40代)

大阪代表の金蘭会が優勝の可能性が高いと思います。前回?春高?の優勝チームだったと思うし、優勝した際にかなり強かったイメージがあるので、今回も安定した力を発揮して勝ち進みそうだと思います。

注目選手はやはり宮部選手です。やはりあの高い到達点からのスパイクが一番だと思います。(女性 40代)

金蘭会/大阪。金蘭会は2019年の春校バレーで東九州龍谷をフルセットの末制して、2連覇しているので優勝した経験が生きてくると思います。注目は宮部愛芽世選手(男性 40代)

金蘭会高校です。春高バレーでは女子3校目となる2連覇を果たし、インターハイでも優勝経験があります。

昨年も準優勝しており、エースの宮部愛芽世選手が引っ張るチームは経験と実績があり、春高バレーの勢いそのままに頂点まで駆け上がると思います。

注目選手は宮部愛芽世選手で、最高到達点3m5cmから角度のあるスパイクを相手コートに打ち込む姿に注目です。(女性 20代)

優勝候補予想:金蘭会高校。注目選手:宮部愛芽世選手。金蘭会高校・東九州龍谷高校・下北沢成徳高校 の3校が抜けていると思います。

そのなかでも日本代表に選出された宮部選手を含む金蘭会高校がやはり筆頭。春高も制していますし、ゲーム中の修正力の点においては高校では抜けていると思います。(男性 20代)

注目度で1番高いのは大阪府の金蘭会高校です。エースで主将の宮部選手を主に昨年度からの安定した強さを発揮しています。

その他は大分県の東九州龍谷高校も監督が代わりどのような戦い方をするのか興味深いです。

東京都予選で優勝した下北沢成徳高校も昨年度から主力が大きく変わり新人戦では苦い敗戦となりましたが、インターハイに合わせて実力も上がってきています。

金蘭会が中心となりそうですが、番狂わせもあればインターハイが盛り上がると思います。(男性 30代)

大阪 金襴会高校です。春高バレー連覇でもっとも頂点に近いチームだと思います。注目選手は宮部愛芽世選手ですが、女子U-18(ユース)日本代表候補にも最多のメンバーが選出されているとおり、総合的に強いメンバーです。(男性 40代)

優勝候補は、大阪代表の金蘭会です。春高バレーでは2年連続で優勝したものの、インターハイでは苦汁をなめてしまいました。その経験が今の更なる強さに繋がっていると思います。

注目の選手、宮部愛芽世選手はとにかくジャンプ力が凄い。1年生から試合に出ている経験と、優れた身体能力で、チームを優勝に導いてくれるでしょう。進路も非常に楽しみな選手の一人です。(男性 50代)

 

 

最後は大分県代表・東九州龍谷高校です。

高校バレー女子インターハイ2019優勝候補予想:東九州龍谷(大分)

東九州龍谷、室岡莉乃選手。室岡選手は身長162cmと小柄な選手ですが、ジャンプ力とテクニックがずば抜けています。攻守の要で1年生ながらエースとして春高準優勝の原動力となりました。どんな時もポーカーフェイスなところも大物な予感がします。(男性 50代)

荒木彩花選手がいる、東九州龍谷。女性選手にして184センチの長身はかなりの武器。U18日本代表にも選ばれており、実力を発揮すれば上位進出もありうるから。(男性 40代)

東九州龍谷高校。新人戦で優勝しており、注目の荒木彩花選手が活躍できれば優勝できると思います。荒木彩花選手に注目で身長が184センチあり高さでも勝負でき、なおかつ動きが素早いので速攻の攻撃などうまい選手です。(男性 40代)

金蘭会、下北沢成徳、東九州龍谷の三校の中から、いずれかのチームが決勝まで上がってくることは間違いないと思います。

その中でも、近年、スーパーエース級の大型選手がいなながらもチーム力で、例年、ベスト4まで進出する「東九州龍谷高校」を応援しています。

近年、「優勝」まであと一歩といったところで敗退していますが、今年こそ、古豪復活で、ぜひ優勝してほしいところですので、優勝候補して「東九州龍谷高校」をあげます。

そのチームの中で注目選手は「荒木彩花」です。(男性 50代)

優勝候補は東九州龍谷。伝統あるこの高校が春高のリベンジを果たすのかと思われます。注目選手は金蘭会の宮部愛芽世で姉妹で日本代表姿を見てみたい。(男性 30代)

優勝候補は大分県代表の東九州龍谷です。理由は去年3位という成績を残してチーム力が高く、九州が開催地だからです。

ミドルブロッカーの荒木彩花さんが注目選手です。高身長の荒木選手を中心に相手のブロックをどう崩していけるのか、勝利の鍵になると思います。(男性 30代)

優勝候補は、東九州龍谷高校です。相原昇監督の実績が、全国制覇12回と凄いことと、九州の開催で、大きく見て地元であり、出場回数が19年連続35回と言う実績を持っているからです。

注目選手は、身長が高く動きが機敏な東九州龍谷高校の荒木彩花選手です。
U-18のアジアユース選手権に出場しています。(男性 50代)

東九州龍谷が優勝候補だと思います。圧倒的な強さで予選を勝ち上がっており、正に敵なし状態でした。

エースの室岡莉乃選手はまだ2年生ですが、跳躍力がものすごくて身長は低くても180cm台の選手と変わらない最高到達点を誇ります。将来日本代表に入る可能性もある逸材ですので注目です。(男性 30代)

東九州龍谷を挙げます。春高バレーで準優勝を果たしており、下級生が多くまだまだ伸びしろがあるから。注目は荒木彩花選手、184cmの長身で圧倒的なブロック力があるから。(男性 20代)

高校バレーインターハイ2019女子優勝校予想!宮部愛芽世など注目選手も!【まとめ】

春高は金蘭会が2連覇し、2018年のインターハイ・国体は下北沢成徳が制覇していることから予想が難しいですね><

近年東九州龍谷は頂点にはなかなかたどりつけていませんが、どこまで食らいついてくるのかも見逃せません!

令和最初の高校女子バレー界の頂点に立つのはどの学校か楽しみですね^-^

組み合わせはこちら

予選グループ戦及び敗者復活戦組合せ(女子)

男子の予想はこちら

https://matematemate-naninaninani.com/5868.html

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク