スポーツ

高校野球秋季関東大会2019優勝候補予想!西川僚祐など注目選手も!

読了時間: 約114

10月19日(土)から高校野球秋季関東大会2019が群馬県で開催されます。

甲子園常連校の東海大相模高校花咲徳栄高校、春のセンバツ準優勝の習志野高校など注目校が県大会を勝ち上がり出場します。

来年春のセンバツにつながる秋季東海大会を制するのはどの学校なのか気になりますよね。

そこで秋季関東大会2019優勝校予想と注目選手についてアンケートをとってみました!

どこの学校が優勝候補と予想されるのか、早速ですが、アンケート結果をご覧ください。

高校野球秋季関東大会2019出場校一覧&組み合わせ日程

茨城:①常総学院 ②霞ヶ浦

栃木:①青藍泰斗 ②文星芸大附

群馬:①桐生第一 ②前橋育英 ③健大高崎

埼玉:①花咲徳栄 ②西武台

山梨:①山梨学院 ②駿台甲府

千葉:①習志野 ②拓大紅陵

神奈川:①東海大相模 ②桐光学園

10月19日(土)

<敷島球場>
10:30 東海大相模vs駿台甲府
13:00 習志野vs前橋育英

<高崎城南>
11:30 霞ヶ浦vs桐光学園

10月20日(日)

<敷島球場>
10:00 青藍泰斗vs西武台
12:30 常総学院vs健大高崎

<高崎城南>
10:00 山梨学院vs文星芸大附
12:30 花咲徳栄vs拓大紅陵

10月21日(月)準々決勝

<敷島球場>
10:00 (山梨学院vs文星芸大附)vs(花咲徳栄vs拓大紅陵)
12:30 桐生第一vs(霞ヶ浦vs桐光学園)

<高崎城南>
10:00 (東海大相模vs駿台甲府)vs(習志野vs前橋育英)
12:30 (青藍泰斗vs西武台)vs(常総学院vs健大高崎)

10月26日(土)準決勝

<敷島球場>
10:00 <(東海大相模vs駿台甲府)vs(習志野vs前橋育英)>vs<(青藍泰斗vs西武台)vs(常総学院vs健大高崎)>

12:30 <桐生第一vs(霞ヶ浦vs桐光学園)>vs< (山梨学院vs文星芸大附)vs(花咲徳栄vs拓大紅陵)>

10月27日(日)決勝

<敷島球場>
10:00

 

高校野球秋季関東大会2019優勝候補予想

常総学院(茨城①)

常総学院の菊地竜雅選手です。自己最速150キロを出したピッチングをまた見たいです。(女性 30代)

常総学院が優勝候補と予想しています。名門でピッチャーがいいので強いと思います。注目選手は菊池投手です。MAX150キロをほこる速球は魅力です。(男性 30代)

 

桐生第一(群馬①)

優勝候補の予想:群馬第一代表桐生第一。

近年は低迷していたが監督の交代と共に名門の名が復活しつつある。球都桐生の伝統的な小技と機動力を用いた野球は健在で、往年のキリイチを彷彿とさせる。

注目は遊撃手の飯塚。名門桐生ボーイズで活躍。3拍子揃った県内でも有数の遊撃手でもあり、堅守の内野手守備陣をけん引している。(男性 20代)

 

花咲徳栄(埼玉①)

花咲徳栄高校。注目選手は、やはりドラフト候補の井上朋也選手です! 花咲徳栄高校は攻守共にバランスが取れていると思ったので優勝すると思います。(女性 40代)

優勝候補:花咲徳栄高校。理由:今年まで夏の甲子園に5年連続出場しており、1昨年には全国優勝を果たしているように全国から有望な選手が集まってきている。

今のメンバーもレベルが高い選手が揃っており、埼玉県大会の勝ち方を見ても隙が無いチームと感じる。

注目選手:花咲徳栄高校の鈴木朋也投手。(男性 50代)

埼玉県大会優勝の花咲徳栄高校。

甲子園を経験したクリーンアップが、今大会活躍している。特に注目選手は、4番井上君。ホームランや犠牲フライなどで、打点をあげられる。

安定したスイングで、プロ注目とされている。関東大会での活躍が期待できる。(女性 30代)

 

山梨学院(山梨①)

山梨学院を推します。決勝は延長を制しての優勝で、勝負強さを存分に発揮しました。注目はその決勝戦で殊勲打を放った河野修慈選手。元々投手で入団ながらも今大会から打者に専念、力強い打撃が出来るのかが見所です。(男性 20代)

 

習志野(千葉①)

2019(令和元)年の高校野球秋季関東大会の優勝候補に推したいのが、千葉の名門・習志野です。旧チームから先発マウンドに上がる左腕の山内翔太君は、精度の高いコントロールを身上としています。

今年の秋季千葉県大会の準決勝では、関東屈指の本格派右腕と言われる木更津総合の篠木健太郎との延長12回に及ぶ投手戦を制しました。

旧チームのエースで炎のストッパー・飯塚脩人君から引き継ぐ、土壇場に強いピッチングも魅力的です。

新チーム結成後最速142キロを計測し、頭角を現したのが堀井遥斗君で、今後の活躍次第では来年秋のドラフト上位候補に名乗りを上げそうです。

旧チームのスタメンでは角田勇斗君が1番ショート、小澤拓海君が2番セカンドと言った二人が、新チームでもセンターラインを守りながらきっちりチャンスメイクをします。

同じく旧チームから主軸を打つ桜井亨佑君高橋雅也君和田泰征君の長打力に期待したいです。

和田君とキャッチャーを守る宮下征也君は、今秋の千葉県大会の決勝で、優勝に花を添える本塁打を放ちました。

総合力が高いのは言うまでもないですが、主将になった角田君を中心に、チームワークが良いのも新チームの習志野の強みと言えそうです。(男性 50代)

習志野。千葉ロッテマリーンズジュニアメンバーの小沢拓海選手と主将の角田勇斗選手をはじめ、打率の高い野手陣が居るので大丈夫だと信じたいです。(女性 30代)

強い学校多いけど。優勝は習志野高校です。理由は春の準優勝メンバー多く残ってますし期待です。

期待選手は角田選手です。守りも走塁も打撃も良くて。これぞ1番バッターって感じの選手ですl監督からしたら。こんな選手居たら助かる選手です。(男性 30代)

習志野高校を優勝予想として挙げます。

その理由として夏の甲子園でも飯塚投手と二枚看板として投球術が冴え渡っていた山内投手が投手の柱となり、また甲子園でも4番を打っていた勝負強い桜井選手も残っていることです。

投打の軸がしっかりしている習志野高校に美爆音の後押しがあれば優勝は間違いないでしょう。

注目選手としては同じ習志野高校の角田選手を挙げます。

新主将として夏の甲子園に忘れ物をした思いは人一倍強いはずです。先輩の思いも背負って関東大会では思い切り活躍してまた選抜甲子園で見られることを楽しみにしています。(男性 40代)

千葉の習志野高校。今年の夏の甲子園大会で3年生が引退した後も甲子園でともに戦ってきた2年生が新チームに多くいて、また粘り強さを発揮して最後には勝利する伝統野球が健在してるので。注目選手は山内君。投げるもよし、打つもよし。(女性 50代)

習志野高校。角田勇斗、桜井享佑、高橋雅也各選手は旧チームでも活躍しており、今大会でも活躍が期待できるから。(男性 40代)

千葉大会優勝校の習志野高校が秋季関東大会の優勝候補と予想いたします。

理由としては、今年の夏の甲子園を経験した山内投手が県大会でも安定したピッチングを見せていて戦力的にも他校を一歩リードしているように思います。

注目選手としては、習志野高校の山内翔太投手です。サウスポーの技巧派ですが、決め球となるチェンジアップで三振を取れるので大崩れしないピッチングが注目されます。(男性 50代)

習志野。このチームは春夏と甲子園に出場しており力強いプレーが印象に残っており優勝するのではないかと考えています。また、応援もかなりいいものです。高校生なので応援されれば奮起して力を発揮できるとおもいます。(男性 20代)

習志野、また甲子園で美爆音が聞きたいです。(男性 50代)

習志野高校を優勝候補予想です。選抜準優勝、夏も甲子園出場し、主将の角田選手中心にまとまっているため。(男性 50代)

東海大相模(神奈川①)

優勝候補は東海大相模が一つ抜けてる感じがします。

理由は春の関東大会の覇者ですし、神奈川大会も春、夏、そして秋も征しているからです。

それに夏の甲子園を経験したメンバーも残っていますし、選手の経験はかなり積まれていると感じます。

注目の選手は鵜沼魁斗選手です。理由は2年生ながら今年のU-18の代表にも選ばれているからです。彼は走攻守と三拍子揃った選手と言えると思います。(男性 40代)

東海大相模で持ち前の打撃の本領を発揮して優勝すると思います。 甲子園を沸かせた西川僚祐、山村 崇嘉の打撃に期待です。(男性 50代)

東海大相模。山村崇嘉、西川僚佑、鵜沼魁斗各選手は長打力があり、実績もある高校なので、勝ち方を知っている選手が多く期待できそうだから。(男性 40代)

神奈川県の東海大相模に期待したいと思います。

強豪が多い神奈川県大会3季連続優勝というのは価値があると思いますし、甲子園では残念な結果でしたが優勝候補の一角でした。

注目選手は西川選手です。彼の長打力はとても魅力を感じます。(男性 40代)

東海大相模。春夏に続いて、新チームとなった秋も神奈川大会を制しました。

夏の甲子園を経験したメンバーが多く残り、1番鵜沼選手、3番山村選手、4番西川選手を中心とした破壊力抜群の打線で関東大会のトップまで上り詰めると思います。

西川僚祐選手。4番でチームを引っ張る強打者。秋季大会準決勝の相洋戦では本塁打を放ち、2年生にして高校通算50本塁打を達成しました。

引っ張るだけではなく逆方向にも打つことができ、広角に長打を打てる打撃に注目です。(女性 20代)

東海大相模が一番の優勝候補だと思います。激戦区神奈川を勝ち抜き、昨年から注目されている2年生トリオ鵜沼、山村、西川に期待。

エースでサウスポーの諸隈にも注目。中学時代ジャイアンツカップで日本一に輝き、ぜひ高校でも日本一になる所を見てみたい。(男性 30代)

東海大相模、強い。西川選手、体つきが素晴らしい。打線は去年の主軸が残っているし、神奈川でここまで勝てるのは力がある証拠。(男性 30代)

優勝候補予想:神奈川第一代表東海大相模。

3季連続の頂点と全国最激戦区ながら盤石の布石を築き上げる。投手陣は140キロオーバーを多数そろえ、打線は強力と抜け目なし。

注目選手はキャプテンの山村選手。シュアなライナー性の打撃がウリ。3番打者としてチームを支える。

決勝戦でもタイムリーを放つなど勝負どころでは頼りになる。(男性 20代)

2019(令和元)年の高校野球秋季関東大会の優勝候補の筆頭に、個々の能力では全国トップクラスと言われる東海大相模を挙げます。

旧チームから上位打線に名を連ねた鵜沼魁斗君西川僚祐君山村崇嘉君の3人で、既に高校通算100本以上のホームランを放っています。

センターを守る鵜沼君は、外野からの返球も正確な走攻守三拍子揃ったバランスのいい選手であり、相手校にとって最も脅威の存在の選手の一人です。

スーパー中学生としてメデイアでも取り上げられた、バッターとしての潜在能力が同世代屈指と言われる西川僚祐君は、今年の神奈川秋季県大会の準決勝で見事スタンドインの一発を放ちました。

投手陣は、抜群のキレと投球術が光る諸隈惟大君と最速142キロのストレートを投げる1年生の石田隼都君と言った、二人のサウスポーがチームを引っ張ります。

今年の夏の甲子園で、5番サードで出場した金城飛龍君を兄に持つ金城龍輝君が、今秋の県大会決勝で、リリーフで相手打線を5回無失点に抑えました。

お父さんは、ジャイアンツの金城龍彦2軍打撃兼外野守備コーチなので、野球センスがあるのは間違いないでしょう。

潜在能力が高い新チームの東海大相模の戦いぶりに益々目が離せません。(男性 50代)

優勝候補:東海大相模。理由:やはり総合力がずば抜けている。大塚選手は1年生ながらも注目です。(男性 30代)

東海大相模を推します。この優勝により、県大会は今年度に入り、春夏秋の3季連続での制覇、圧倒的な力があると見ます。

注目は4番の西川僚祐選手、既に高校通算ホームランは50本を超えており、高校生離れしたスイングスピードの速さが注目に値します。(男性 20代)

優勝候補:東海大相模、習志野、常総学院、花咲徳栄。

やはり優勝候補の本命は東海大相模だと思いますが、打線が1番鵜沼、3番山村、4番西川は固定されているが、加藤、松本、神里あたりも固定されないと、波が大きいので思わぬ敗退もありえると思います。

投手は諸隈、石田を中心に金城の3人で安定していることから、ベスト4には残って甲子園出場を決めれば選抜の優勝候補になることは間違いないと思います。

注目選手:東海大相模の西川選手。
OBの太田のようなパワーを感じされる選手で、緩い球に対するもろさが克服できればドラフト1位候補だと思います。(男性 40代)

 

桐光学園(神奈川②)

桐光学園。志村ボーイズ時代にU-15代表入りした経験を持っている投打の要の安達を中心にまとまっている。(男性 40代)

 


高校野球秋季関東大会2019優勝候補予想!西川僚祐など注目選手も!【まとめ】

高校野球秋季関東大会2019優勝候補は習志野・東海大相模を予想される方が多いという結果になりました

どんな大会になるのか楽しみですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。