スポーツ

八戸学院光星高校野球部2019注目選手と戦力分析!

読了時間: 約225

第91回選抜高校野球大会が、2019年3月23日(土)から4月3日までの12日間開催されます。

出場校32チームが決定し、熱い激闘が繰り広げられます。

今回は青森県の強豪校、八戸学院光星高校をご紹介。

秋季青森県大会、秋季東北地区大会で見事優勝!

明治神宮大会では準決勝敗退となりましたが、春の選抜高校野球ではリベンジを狙います。

それでは、八戸学院光星高校についてまとめます。

八戸学院光星高校野球部チーム紹介

八戸学院光星高校は、青森県八戸市にある私立高校。

2013年に学校名が「八戸学院光星高校」に変わりました(以前は光星学園高校)。

スポーツに力を入れている高校で、甲子園出場回数も春夏あわせて19回と、かなりの常連校となっています。

読売ジャイアンツで活躍する坂本勇人選手は、八戸学院光星高校出身!プロ野球の世界の第一線で活躍する選手を輩出しています。

八戸学院光星高校の2018年秋季東北地区大会、明治神宮大会の結果

秋季東北地区大会 初戦
八戸学院光星 9‐2 専大北上

秋季東北地区大会 2回戦
八戸学院光星 3‐2 羽黒

秋季東北地区大会 準決勝
八戸学院光星 7‐3 花巻東

秋季東北地区大会 決勝
八戸学院光星 5‐3 盛岡大付属

明治神宮大会 初戦
八戸学院光星 7‐3 東邦

明治神宮大会 準々決勝
八戸学院光星 6‐9 高松商

上記の結果の通り、秋季東北地区大会で優勝。

東北地区代表として明治神宮大会に挑みました。

明治神宮大会では初戦の東邦高校戦で見事勝利しましたが、準々決勝の高松商業戦では惜しくも敗退しました。

八戸学院光星高校エースピッチャー 後藤丈海の球種球速

背番号1 後藤 丈海 170cm・71kg/ 右投右打

ストレートは平均して130~136キロを投げる。カット系のスライダーとチェンジアップをコーナーに投げ込む制球力が魅力の選手です。

クイックも鋭く、走者も気が抜けないピッチャーです。

明治神宮大会の東邦戦では、低めに集める投球を見せ、チームを勝利に導きました。

カット系のスライダーを使いこなすことで、インコースに攻めるストレートが効果的に決まります。

春の選抜大会でも好投を披露してくれるのでしょうか。楽しみです。

八戸学院光星高校の4番バッター 東健太郎

背番号3 近藤 遼一(一塁手)175cm 88kg 右投右打

フルスイングと長打力が武器の選手。

秋季公式戦では40打数19安打を記録しました。

勝負強さと長打が見どころです。

春の選抜大会でも近藤選手の力強いバッティングに期待です。

八戸学院光星高校その他の注目選手について

背番号6 主将 武岡 龍世(遊撃手)178cm 76kg 右投左打 

「坂本2世」と呼ばれる、俊足の遊撃手。1年の春からスタメンでショートを経験しました。

50メートル走は5.9秒、一塁到達タイムは4.09秒と、俊足が武器。

また、広角に打ち分けるバットコントロールと、ホームラン高校通算14本というパワーもあわせ持っている選手。

将来が楽しみな身体能力の高い選手です。


八戸学院光星高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は青森県の名門、八戸学院光星高校に注目してみました。

投手、野手共にレベルの高い選手がそろっているチームです。

甲子園でどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。3月23日からの選抜高校野球大会が待ち遠しいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。