スポーツ

四大陸選手権2019女子シングル優勝予想!注目選手も発表!

読了時間: 約658

2月5日(火)~2月10日(日)に

アメリカ・アナハイムで

ISU 四大陸フィギュアスケート選手権大会2019が

開催されます。

 

日本からは12月に行われた

全日本選手権大会での選考により

女子シングルに

坂本香織選手・紀平梨花選手・三原舞依選手が

出場されますね。

 

ハイレベルな全日本選手権大会を勝ち上がって

選ばれた3選手にはぜひメダルをとって欲しいです^^

 

そこで、四大陸フィギュアスケート選手権大会2019の

女子シングル優勝候補予想と注目選手についてアンケートを採ってみました!

 

早速ですが、アンケート結果をご覧ください^^

 

四大陸選手権2019女子シングル優勝予想 アンケート結果

坂本香織選手

 

・坂本花織選手が、優勝すると思います。まだ紀平選手は表現力が育っていないし、ロシア勢がいないので、日本人選手は有利だと思います。(女性 30代)

 

・私の優勝候補選手は坂本花織選手です。最近優勝回数が増えてきてるし、オリンピックに出てるからです。(女性 20代)

 

・注目選手:坂本花織さん。最終滑走でもノーミスで演技を終えるメンタルの強さを持っているから。四大陸フィギュアでも、彼女らしいダイナミックなスケーティングにも期待しているから。(女性 20代)

 

・女子シングルの優勝候補は坂本花織選手だと思います。紀平梨花選手が脚光を浴びている中、NHK杯ではショート、フリーをしっかりミスなく揃えて優勝していたのを見て、のびやかな演技と身体能力の高さに改めて気づかされました。注目している選手は同じく日本の三原舞依選手です。ハイレベルな選手が周囲に多く埋もれてしまいがちですが、透明感のあるやさしい演技は彼女特有のもので、見ていてとても素敵と思います。(女性 20代)

 

・優勝候補はなんといっても坂本花織選手。去年の全日本選手権の堂々とした自信に溢れた素晴らしい演技で優勝し、平昌オリンピックでも入賞。今年はもっと成長してると期待してます。あと、個人的にはインタビューのときに見せてくれる笑顔や関西弁でしゃべりちょっと笑いを大事にしてる坂本選手も好きです。(女性 30代)

 

・坂本花織です。世間は紀平フィーバーですが、坂本花織の本番の強さには驚くものがあります。オリンピック6位、全日本優勝とここぞという時に結果を出しているので、四大陸は連覇すると思います。坂本花織はジャンプの安定感、ダイナミックさはもちろん、メンタルの強さ、課題だった表現力も今期はものすごく良くなっているので、必ず優勝します。紀平はトリプルアクセルがパンクしたら坂本花織には勝てないと予想します。(女性 30代)

 

 

紀平梨花選手

 

・紀平梨花選手だと思います。なぜなら今、安定している選手ですし、落ち着きがあり精神力も強そうに思うからです。本田真凜選手もずっと注目していますが、天才肌と言われる彼女はなかなか結果を出しにくいのかなと思います。安定した演技ができるようになってほしいです。(女性 30代)

 

・若手の紀平梨花さんの優勝予想で。女子フィギュアの新たな新星なので、将来日本を背負うと思います。(女性 40代)

 

・優勝予想は紀平梨花選手、今シーズングランプリファイナルを制して勢いのある選手、素質は開花され勝負強さも兼ね備えているからです。(男性 40代)

 

・紀平梨花。トリプルアクセル、3回転ジャンプ、スケーティングスキル、スピン、表現力等総合力で抜きんでている。そして体が柔らかく手足の動きが音楽に合って素晴らしいです。(女性 70代以上)

 

・紀平梨花選手。順当に行けば、自己ベストを出して優勝できそうだから。(男性 40代)

 

・優勝は 紀平梨花選手だと思います。トリプルアクセルの成功率が高く、ステップ、スピン、音楽表現なども頭一つ抜けている感があります。だけど、気持ちとしてはそろそろ三原舞依選手に優勝して欲しい!まるでエッジと氷の間に空気の層があるような滑らかな滑りは彼女にしか出来ないもの。氷を削っていないのではないかと思うほど。軽やかなジャンプとはにかんだ笑顔も魅力です。(女性 40代)

 

・紀平梨花選手がやっぱり優勝するのではないでしょうか?女子では難しい3Aを2回飛ぶだけでなく、16歳という若さでありながらあの表現力はひいき目抜きに強豪ロシア選手に対抗できると思います。個人的にはSPの月の光の方が好きですが、FPのビューティフルストームも素晴らしいと思います。(女性 40代)

 

・優勝は日本の3人のうちの誰かかなと思います。紀平梨花選手のトリプルアクセルがポイントのような気がします。ショート、フリー共に成功すればすごい高得点が出そう。アクセルが決まらなければ、坂本花織か三原舞依が上に来るのではないでしょうか。日本人の表彰台独占もあり得ますね。(女性 40代)

 

・優勝候補は紀平梨花さんです。トリプルアクセルが決まれば勝てると思います。期待も込めて応援しています。(女性 40代)

 

・紀平選手です。あのトリプルアクセルが成功すると点数も高くなり、また、勢いのある選手だから物怖じせずに大会に臨めそうだからです。(女性 40代)

 

・最大の優勝候補はやはり紀平梨花選手であろうと思います。彼女の身体能力が非常に高いことと、技術面・精神面での安定性も評価ポイントだと思います。ぜひ頑張っていただきたいと思います。(男性 60代)

 

・紀平梨花が大本命だと思います。ロシアの選手も今ゴタゴタしているので、ロシアが駄目なら紀平が向かうところ敵無しだと思います。我が後輩、坂本花織にも頑張ってほしいのですが、技術面でも入れても入賞くらいかな?と思います。(女性 40代)

 

・紀平梨花さんが実力共に日本のエースになると思っています。頑張って欲しいです。(男性 40代)

 

・何といっても、優勝候補は、紀平梨花。トリプルアクセルが成功すれば、間違いなく優勝できるでしょう。SPの1回とFPの2回のトリプルアクセルを是非決めてほしい。そして、来期は4回転に挑戦してほしい。来期、ロシア勢が間違いなく、4回転を引っ提げてきますので、今期は、その前哨戦として、トリプルアクセルを完ぺきに演じてください。(男性 60代)

 

・優勝候補はやはり、紀平梨花です。若いので、あのジャンプは魅力的ですね。スケート靴だったり細かい所が決まれば安定した滑りが出来ると思うので頑張って欲しいです。注目選手は坂本選手です。少し前までは第一人者でしたからね。奮起すると思います。(男性 40代)

 

・女子シングルで注目選手は、日本の紀平梨花選手だと、思います。2018年のGPシリーズでの活躍は、忘れられませんでした。技術もあり、どんどん上手くなっていく紀平選手に期待しています。(女性 50代)

 

・優勝候補予想:紀平梨花(日本)理由、全日本は坂本花織が優勝したが次は紀平がリベンジも有り得る。全日本は紀平が靴の不調があり本来の動きが出来なかった。今回は巻き返しを狙うと予想。注目選手:坂本花織(日本)平昌五輪から1年、さらに成長している。四大陸は優勝争いを紀平とするんじゃないかと予想。(男性 40代)

 

・四大陸フィギュアスケート選手権大会には強豪であるロシア勢が出場しないため、現在日本で一番勢いのある紀平梨花選手が優勝候補だと思います。(男性 40代)

 

・紀平梨花。全日本選手権では2位でしたが、勢いがあるのとジャンプのレベルが他の選手より上なので。他の日本人選手、坂本、三原にも頑張っていただき2人位は、表彰台に登って欲しいです。(男性 40代)

 

・紀平梨花は難易度の高いジャンプを確実に決めれば、断トツで優勝できると思います。少し神経質な面もありそうですが、絶好調であればトリプルアクセルを武器に高得点をたたき出し、優勝出来ると思います。(女性 30代)

 

・紀平梨花さんです。トリプルアクセルがきまってくれたら優勝出来ると思います。仮にトリプルアクセルを1回失敗してもその後での演技で巻き返す力を持っているし、演技後半でもトリプルアクセルを跳べるのでかなり期待が持てます。注目選手は坂本花織さんです。ダイナミックな滑りが素晴らしいし目をひくので、紀平さんとの日本人同士での優勝争いになりそうです。(女性 40代)

 

・優勝予想:紀平梨花さん。難易度高い種目の成功率と、失敗しても次で挽回ができる冷静さを持っているため、優勝できる可能性を持っている選手だと感じるから。(女性 20代)

 

・紀平梨花選手。トリプルアクセルの安定感が素晴らしい。ステップの動きも滑らか、何よりご本人がストイックなので絶対優勝できると思います。(女性 30代)

 

三原舞依選手

 

・三原舞依。彼女は若く、表現力も素晴らしい。浅田真央を彷彿する安定した演技をしてくれる。
彼女はまた、メンタルも強く、一度ミスをしても後半取り返すような素晴らしい演技をしてくれる。(女性 20代)

 

 


四大陸選手権2019女子シングル優勝予想!注目選手も発表!-まとめ

 

私は三原選手の柔らかい演技が大好きなので

ぜひ三原選手に優勝して欲しいと思っております^^♪

 

ロシア勢がいないので、

日本の3選手で表彰台独占の可能性もありそうですね^^

 

こちらの記事もチェックしてみてください♪

https://matematemate-naninaninani.com/2982.html

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。