スポーツ

夏の高校野球2019優勝候補予想!佐々木朗希や奥川恭伸など注目選手も!

読了時間: 約1215

夏の高校野球2019優勝候補をアンケートで予想していただきました!

第101回全国高校野球選手権大会2019が8月6日(火)に開幕します。

各地の予選を勝ちあがり、聖地甲子園で繰り広げられる高校球児たちの熱い戦いが今からとても楽しみですね^^

2019年は元号が平成から令和に変わった最初の記念すべき夏。

令和最初の夏の甲子園優勝校はどこになるのでしょうか。

まだ出場校は決まっておりませんが、地区大会を終えた今の時点でどこの学校が夏の甲子園2019優勝校になりそうかアンケートで予想していただきました!

早速ですが、アンケート結果をご覧ください^^

夏の甲子園2019優勝候補予想アンケート結果

まずは注目度No1ピッチャー・佐々木朗希投手率いる大船渡高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:大船渡(岩手)

岩手県立大船渡高等学校。佐々木投手は話題の投手ですので甲子園で見てみたいです。(男性 40代)

岩手県代表:大船渡高校。注目はピッチャー佐々木君。163kmのスピードB-RUを武器にガンバってほしい。(男性 70代以上)

岩手大船渡高校。かなり希望的観測です。佐々木投手是非甲子園で投げる姿見たいです。ただ将来のある選手です。無理はしないで欲しい。(男性 50代)

優勝候補予想:大船渡高校。注目選手。佐々木投手。理由;野球はピッチャーで決まると言われている通り、高校史上最速の163kmをマークし、メジャーも注目している佐々木投手のいる大船渡高校。県予選でうまく佐々木投手を温存して勝ち抜いていければ、甲子園では優勝候補間違いなしだと思うから。(男性 50代)

大船渡。佐々木投手。なんと言っても本格派豪速球投手佐々木です。一人で投げ抜くのは大変だと思いますが、投手力で東北勢初の甲子園優勝を期待しています。(男性 30代)

大船渡高校は残念ながら岩手県大会決勝戦で敗退。混戦必至の令和最初の甲子園大会、最新の優勝予想はこちらの記事でチェック!

次は2019年神奈川県大会と関東大会を制した東海大相模です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:東海大相模(神奈川)

東海大相模。強打者が揃っており完成度が高いチームだから。西川選手に注目しています。(男性 30代)

 

次は、ドラフト注目左腕の及川投手率いる横浜高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:横浜(神奈川)

横浜高校。高校生のなかでは頭ひとつ飛び抜けている投手がいる!野手も安定しているから。及川投手に注目してます!(女性 20代)

横浜高校。選手層が厚く、チーム内の競争で選抜されているので。度会隆輝選手です。久しぶりの逸材だと思います。(女性 40代)

 

次は2018年夏の甲子園16強入りの二松学舎です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:二松学舎(東東京)

今回こそ、東東京二松学舎。毎回良いところまで行っているのに、負けてしまう。同じ東京出身で毎回応援しているので、ぜひ頑張って欲しい。(男性 40代)

 

次は、2019年春季東京大会でベスト8の早稲田実業です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:早稲田実業(西東京)

早稲田実業に頑張ってもらいたいです。是非優勝を!!注目選手は生沼弥真人選手です。ポジションがどこでもできるというのがこの選手の強みだと思います。清宮君や野村君が果たせなかった優勝をキャプテンとして引っ張って行ってもらいたいです。(女性 30代)

 
次は2019年愛知県大会ベスト4の享栄高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:享栄(愛知)

愛知県の享栄高校です。理由は日本一になった中京大中京の監督が今年の四月から就任したからです。(男性 30代)

 

次は、2019年春センバツ優勝の東邦高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:東邦(愛知)

大きな期待を込めて愛知 東邦高校!地元ですし春夏連覇に期待!(男性 40代)

東邦高校。石川昂弥選手。春夏連覇がかかっているので、まずは愛知県大会を突破してほしい。全国大会までたどり着ければ、春の経験が生き、優勝も狙えると思います。(男性 40代)

 

次はドラフト1位候補の奥川恭伸投手率いる星陵高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:星稜(石川)

星稜高校。奥川恭伸投手。最後の夏なので、ついに期待に応えて石川県勢初の優勝を成し遂げそうだから。(男性 40代)

石川県 星稜高校 奥川投手。春の甲子園では負けてしまったものの自力の強さは群を抜いている。奥川投手を筆頭にまとまりのあるチームになっていて、バッティングも下位打線も繋がれば破壊力は抜群。(男性 20代)

星稜高校です。春の選抜では監督が悪目立ちしましたが、選手たちの力は疑いようがないです。ドラフト1位候補の奥川投手に注目です。(男性 20代)

石川県の星稜高校は優勝争いに食い込むと思います。エースの奥川投手は2年生から全日本に選ばれる実力があり春に悔しい思いをしてることから夏は力を付けていると予想。やはり野球は投手力である程度決まると思います。(男性 30代)

星稜。エースの奥川恭伸が素晴らしいので。春はすぐ負けちゃったけど夏は優勝が期待できそう。(男性 30代)

ずばり星稜高校(石川)注目選手は、奥川恭伸投手です。選抜甲子園で敗れた悔しさをばねに、もう一皮成長しているはずですしあのマウンドさばきは他の高校球児とはレベルが違います。奥川君を中心のチーム星稜高校が優勝候補筆頭です。(男性 30代)

僕は星稜高校が優勝すると思います 期待も込めてですが笑。理由はプロ注目の奥川投手の安定感はずば抜けていると思います。後は打線と守備の安定感も他の有名校よりも1個2個と抜けてるかな?と思うからです!

ただ心配な点はエース奥川投手以外の2番手3番手の投手安定感がもっと増してきて且つ場馴れをする必要があるかな?と思いますしどの高校もそれなりの研究をすると思うのでそこで崩されなければ優勝すると思います。(男性 20代)

星稜高校です。センバツは準優勝した習志野に負けてしまいましたが、エースの奥川投手を中心にタレントが揃っていること。また北信越大会でもきっちり優勝とこの世代では頭一つ抜けているからです。(男性 30代)

第101回夏の甲子園優勝候補に、3季連続甲子園出場の経験値と特に投手力がライバル校よりも突出している星稜を挙げます。チームの大黒柱となるのが、Max152km/hのストレートに加え、変化球の制度も高いエースの奥川恭伸君です。

大船渡の佐々木朗希投手等同世代屈指の逸材の4人のことをビック4と呼ばれていますが、完成度の高さは、奥川君の方が他のピッチャーより一枚も二枚も上でしょう。

旧チームから2枚看板と言われているサウスポーの寺沢孝多君は、昨夏の甲子園の舞台を経験しているので、安心です。最速140キロ台半ばの直球を投げ込む寺西成騎君や昨秋の明治神宮大会の決勝で先発した荻原吟哉と言った、伸び盛りの2年生の活躍も楽しみです。

キャッチャーは奥川君と同じく、U18高校日本代表候補の山瀬慎之助君が、全国屈指の投手陣を引っ張ります。

野手では、1番でセンターを守る東海林航介君が50メートル走5秒9の俊足で、存在感を発揮します。世代最強の遊撃手と言われる2年生の内山壮真君は、スタンドに放り込むパワーを兼ね備え、1年秋から4番を任されています。(男性 50代)

 

次は、春季近畿大会2019 優勝校の近江高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:近江(滋賀)

近江高校。去年の夏の大会のベスト4の経験値を踏まえ、林投手と有馬捕手が残っているのが強みだと思います。

特に有馬捕手は、潜在能力が非常に高く、監督、チームから信頼を寄せており、この選手がチームにいることが大きいと思います。

野球は、最後までわかりませんが実力的には間違いなく全国トップクラスだと思います。(男性 40代)

春季近畿大会優勝の近江を、第101回夏の甲子園大会の優勝候補に挙げる人が、少なくないでしょう。チームを引っ張るのが、昨年の選手権大会で準々決勝進出に貢献した、サウスポーのエースの林優樹君とキャッチャーの有馬諒君のバッテリーです。

林君は、同年代屈指の安定感を誇り、テンポよく投げ込むストレートとチェンジアップ等の変化球のコンビネーションが抜群です。かわいいルックスの林君は、昨年から多くのファンがいますが、今夏の活躍次第では、一気に大会で最も注目されるピッチャーになりそうです。

有馬君は、多賀章仁監督が、今までの教え子の中で最高の捕手と絶賛しているそうです。二塁送球到達タイムが1秒8台とプロ並みの強肩で、巧みなリードに加え、私生活もしっかりしていて、冷静なところがまたチームメートからも頼りにされています。

忘れてならないのが、昨年の夏の甲子園で、2番ショートでスタメンに名を連ねた土田龍空君です。2年生の土田君は現在、チームの主軸を任され、広角に打ち分けるシュアなバッテイングが特長の魅力溢れる選手です。

春季近畿大会の準決勝と決勝の2試合連続本塁打を放った住谷湧也君が、調子を上げて来ており、総合力が高いチームに仕上がっています。(男性 50代)

次は2019年春のセンバツベスト4の明石商業です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:明石商業(兵庫)

明石商業。地元兵庫県の高校で、30年夏と31年春と二季連続で甲子園に出場して経験を積んでいるからです。特に今年の春は準決勝まで勝ち上がり、自信が持てるようになったのではないかと思います。

注目選手はトップバッターで、甲子園でもサヨナラホームランを打った来田涼斗選手。U18日本代表候補にも選ばれており、俊足と巧みなバットコントロールを
再び甲子園で見せてくれることを期待しています。(女性 20代)

 

次は、大阪の名門・大阪桐蔭です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:大阪桐蔭(大阪)

大阪:大阪桐蔭。注目選手:関戸投手はMAX146kmの速球投手なので注目しています。(男性 70代以上)

 

次は、広島の強豪校・広陵高校です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:広陵(広島)

広陵高校。地元広島だから期待をこめて。河野選手に注目しています。(男性 30代)

 

次は、高校生投手四天王の一人、西純矢投手率いる創志学園です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:創志学園(岡山)

創志学園。西投手に期待。昨年の秋、中国大会でコールド負け。安定感のある投手だけに夏に調子を合わせれば優勝もありうる。(男性 40代)

岡山県の創志学園。エースの西投手を中心として試合の流れを作るのが上手い。また打線も打ち始めると手の付けようがないほど連打となることも稀にある。

注目選手:西純矢投手。コントロール・キレがよく、コースをつくピッチングがよい。(女性 20代)

 

最後は、2019年春センバツ出場の筑陽学園です。

夏の甲子園2019優勝候補予想:筑陽学園(福岡)

優勝候補は、九州勢では2007年の佐賀北、福岡県勢では1992年の西日本短期大学附属以来で、「筑陽学園」を優勝予想としたい。春の選抜では、優勝した東邦に敗れはしたものの地力はあり優勝できる力はある。

注目選手は、優勝予想した筑陽学園から福岡大真選手・西舘昂汰投手の攻守の中心に注目したい。また、U18日本代表にも選出された星稜(石川)・奥川恭伸投手が世代ナンバーワン右腕の実力をどれだけ発揮できるかも注目したい。


夏の高校野球2019優勝候補予想!佐々木朗希や奥川恭伸など注目選手も!【まとめ】

夏の高校野球2019優勝候補のアンケート結果では、ドラフト候補の奥川恭伸投手率いる星陵高校に期待を寄せられている方が多いようですね^^

早いところでは6月末から地区予選が始まります。

令和最初の夏の高校野球頂点を目指した熱き戦いを見逃しなく^^

最後までお読みいただきましてありがとうございました。