スポーツ

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想!清水大成など注目選手も!

読了時間: 約931

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想と注目選手についてアンケートをとってみました!

第101回全国高校野球選手権大阪大会が2019年7月6日(土)に開幕します。

高校野球超激戦区の大阪。

高校野球大阪第101回大会に優勝し、令和最初の甲子園出場を果たすのはどの学校か気になりますよね^^

早速ですがアンケート結果をご覧ください^^

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想アンケート結果

まずは、2018年春夏連覇を果たした大阪桐蔭です。

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想:大阪桐蔭

大阪桐蔭 仲三河優太。いつも安定したピッチングをしている。ストレートのキレ、変化球の精度が高い。(女性 20代)

毎年甲子園常連で総合力の高さは他のチームより頭1つ抜けてる。西谷監督の采配も的確。注目は1年生の西野力矢。1年生で3番を打ち、中学通算35本のパンチ力でチームを牽引。将来のドラフトにも顔を出すかもしれない。(男性 20代)

大阪桐蔭高校。やはり層の厚さが段違いだから。注目選手は西野選手。(男性 30代)

大阪桐蔭高校です。大阪でなら、選手層を含めて圧倒的な戦力があり調子の良い選手を優先的に使うことが出来るところが他校との大きな差です。

西野力矢選手です。大阪桐蔭のOBでもある、中村剛也選手2世とも言われ豪快なバッティングでチームを牽引しています。

またその他にも有望な新入生も入学しているので、更なる競争と飛躍が期待できます。(男性 30代)

大阪桐蔭。名門大阪桐蔭は優勝候補は外せない存在。しかし、秋の近畿大会ではセンバツ選考基準を満たしながら選出されない悔しい思いも。

夏の選手権18人中16人が3年生と2年生が僅か2名。

その中でもベンチ入りを果たしていた宮本選手の打撃は長打の打てる一塁手として期待がかかります。(男性 20代)

大阪桐蔭、一年生から三年生まで力強い選手が集まってると思います。

なかでも注目の選手は西野力矢君です。体つきもよく活躍してくれると期待してます!(女性 20代)

優勝候補:大阪桐蔭。注目選手:船曳烈士。

理由:下級生ながら新チームの4番を任された男の意地に期待。小さい体の割にはパンチ力もあり勝負強い(男性 40代)

大阪桐蔭。大阪では200校程野球部が存在するので、やはり戦力層が厚いチームが勝ち進むと思います。

また、大阪桐蔭は西谷監督という勝ち方を知っている監督が在籍してるので、一番優勝に近いのではないかと思います。

注目選手 西野 力矢内野手(男性 20代)

大阪桐蔭高校。強力なスラッガーがいるから。1年生の西野選手。(女性 40代)

大阪桐蔭高校。昨年度の甲子園優勝校であり、主力が抜けたとはいえその層の厚さには定評があると思うので、選びました。

特に注目している選手は、西野力矢内野手です。

昨年の夏の大会1年生ながらも、上級生を抑えてベンチ入りした実力が有ります。

秋の大会でも1年生ながらクリーンナップを任され、ホームランも記録しているので期待大です。

ピッチャーもタイプの違う選手が何人もおり、エースとの継投で相手をほんろうしていく事が出来ると思うので期待してます。(男性 20代)

大阪桐蔭。監督と選手層のレベルが全国でも際立っている。そのチームをまとめる主将の中野選手に期待。(男性 40代)

大阪桐蔭。理由:ずば抜けた選手はいないと思いますが総合力で。(男性 40代)

私が注目する高校は大阪桐蔭高校です。更に注目選手は中田唯斗選手です。

理由は中学時点でMAX142kmの速球を投げる本格派で、U-15日本代表としても活躍しており、現在はMAX146kmを投げるまでに成長。

今後の夏季大会でどれほどの成長をし活躍するのかに期待したい。(男性 20代)

大阪桐蔭高校を予想します。昨年の夏に優勝したメンバーのほとんどが卒業をして、新チームとしては大阪秋季大会は準優勝や近畿大会はベスト8とぱっとはしないですが、地力と経験があるので意地をみせて昨年に引き続き優勝するのではないかと思います。

注目選手はベンチ入りすればですが、新入生ながら潜在能力は抜群の関戸康介投手です。(男性 40代)

大阪桐蔭高校。先輩たちに負けないように頑張ってほしいから。山田優太選手。すべてが高校生離れしている選手だから。(男性 40代)

下級生にプロ注目の選手が集まる、今年も豊富なタレントが揃う大阪桐蔭を、優勝候補の筆頭に挙げます。

2年生の船曳烈士君と西野力矢君は、試合の流れを変える一発本塁打を打てる長打力を兼ね備えており、プロ野球で活躍しているOBの高校時代を彷彿させる逸材です。

中学3年生の時に最速146km/hをマークした関戸康介君や184cmの大型左腕の松浦慶斗君をはじめ、期待の1年生の活躍も楽しみです。

昨夏の第100回全国高校野球選手権記念大会でベンチ入を果たした中野波来君が、キャプテンを務め、チームを引っ張ります。

歴代監督勝利数ランキング第3位の名将、西谷浩一監督の夏に向けてのチーム作りと采配にも期待したいです。(男性 50代)

履正社高校が最有力と見られるかもしれませんが、自分は今年も大阪桐蔭高校が代表高になると思います。

センバツこそ出場を逃しましたが、選手の実力はもちろん、甲子園常連高として夏までには調子を上げてくると思います。

注目選手なんですが、1人に絞れないほど推したい選手がいます。

それほど実力者揃いのチームですが、あえて1人を選ぶなら中田惟斗投手に注目です。

身長180センチ、急速も140キロ中盤。将来プロでも充分通用すると思います。

新井雅之投手との二枚看板になりそうですね。(男性 20代)

大阪桐蔭高校。理由は伝統のある高校でやはり結果も残しているので責任感は選手が一番感じていると思います。

その重圧で春は予選で敗退してしまいましたが夏はしっかりとチームをまとめてくると思います。

注目してる選手は仲三河くんです。

まだ二年生ですがベンチ入りすれば沢山の可能性を秘めている選手だと思います。(男性 10代)

 


次は、2019年春センバツ出場の履正社です。

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想:履正社

優勝候補は履正社。井上選手、清水選手、野口選手とタレントが揃っている。注目は井上選手。187センチの恵まれた体から繰り出されるパワーは規格外だとおもいます。(男性 30代)

履正社で、井上選手の打撃に期待しています。(男性 50代)

履正社高校。井上広大選手。長距離砲でチームを勝利に導いてほしいから。大阪桐蔭に負けないでほしい。(男性 40代)

優勝予想は履正社高校。強豪であり、春の選抜大会に出場、大阪大会ではベスト8と実績を残しているから期待したいです。

注目は清水大成選手です。まず、イケメン。そして、左投手でありながら最速145キロを投げるエース。ドラフト候補かもしれないので、注目したいです。(女性 30代)

優勝校予想は履正社です。理由は選抜にも出場し、投打共にバランスのとれたチームだから。注目選手はエースの清水投手です。(男性 20代)

優勝候補は履正社高校です。春の選抜に出場して、守備もバッティングも安定していました。初戦敗退しましたが、相手が強かったので、仕方ない部分もあると思います。注目選手は履正社高校の井上広大選手です。(女性 30代)

第101回甲子園の大阪大会では履正社高校が優勝候補だと考えています。2018年の秋季大阪大会を制し、春季大会で惜しくも準々決勝敗退となりましたがその実力は名門校に相応しいものです。

元プロ野球選手を父に持つ関本勇輔選手や中学時代に世界を経験している小深田大地選手、中学ではエースとして全国制覇を成し遂げた田淵一樹選手といった2年生選手の力がチームを大きく盛り上げています。

一番の注目選手は左腕エースの清水大成選手。2018年夏の悔しさをバネに秋季大会で圧巻のピッチングを披露しました。ドラフト注目のエースを擁する履正社高校が令和最初の甲子園に出場すると私は予想します。(男性 30代)

第101回大会の大阪府代表はおそらく大阪桐蔭高校と履正社高校の一騎打ちになるかと思いますが、最終的には履正社高校が代表になると思います。

その理由は履正社高校は井上、野口、西川らを中心とした強力打線であり、特に井上広大選手のパンチ力は注目すべきものがあります。

井上選手は1年生の秋からクリーンアップを任させる能力を持ち、強肩で俊足でもあります。

大阪桐蔭校には中田、山田、新井ら140kmを超える投手が複数いますが、春の選抜で星稜高の奥川投手に抑えられた悔しさを持つ井上を中心とした履正社高校の強力打線が打ち勝って大阪代表になると私は思います。(男性 40代)

優勝候補:履正社高校。今年の大阪は絶対的王者だった大阪桐蔭はそうでもない。春の優勝・大商大高のようにどこが出てきてもおかしくない超激戦区となりそうだ。

その中でも大阪桐蔭と毎年凌ぎをけずってきたが履正社が再び優勝候補であがってくるだろう。

履正社の個人能力は大阪桐蔭以上と考える。あとは運とその時の試合の流れ。大阪大会はいろいろな条件と運が一致した高校が一気に上位にくると予想される。

注目選手 :履正社・小深田大地。2年生からレギュラーの小深田。チームの主軸として大きい当たりも打てる。またコンパクトな当たりも打てる。

履正社で唯一1年生から公式に出場していたのは現在ヤクルトの山田哲人、オリックスのT岡田以来の逸材。

まだ新二年生であることもふまえ、これからののびしろが大きく期待される。(男性 30代)


次は、2018年秋季県大会3位の大阪偕星学園です。

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想:大阪偕星

今年の大阪偕星は、2015(平成27)年に夏の甲子園出場した当時のチームとよく似ていることで、優勝候補に挙げたいと思います。

打っては4番、投げては主戦格を務める坪井悠太君の存在が大きいです。

坪井君は昨秋Max145km/hを計測した本格派右腕で、スライダーやナックルと言った変化球を交えたピッチングで、チームを昨秋の大阪府大会で3位に導きました。

クリーンアップを任される3番の松山侑生君や5番の福田慈己君もシュアなバッテイングが光り、大阪の学校で屈指の練習量を誇ると言われるハングリー精神で、頂点を狙いにいきます。

破天荒と言われる山本晳監督のゲキに応え、連戦を乗り切っての甲子園出場を目指します。(男性 50代)

 

 

次は、2019年春季大阪府大会で強豪・大阪桐蔭を撃破した近大附属高校です。

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想:近大付属高校

近大付属高校。今年の春季大阪府大会で強豪の大阪桐蔭を6-1で破りました。この経験を糧にしてこの夏も自信を持って夏の大会に臨んでくるのではないかと思います。木村準人内野手に注目しています。(男性 20代)

 

最後は、2019年春季大阪大会ベスト4の大体大浪商です。

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想:大体大浪商

大体大浪商。エース大堀が急成長し、主軸芝本が神がかり的なバッティングをするはず。(男性 40代)


夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想!清水大成など注目選手も!【まとめ】

夏の高校野球大阪大会2019優勝校予想と注目選手についてのアンケート結果では、2018年春夏連覇を成し遂げた大阪桐蔭、2019春センバツ出場の履正社を推す方が多いようですね^^

全国屈指の激戦区・大阪府大会は、2019年7月6日(土)に開幕、7月28日(日)決勝戦予定です!

 

他の地域も要チェック!

https://matematemate-naninaninani.com/5613.html

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。