スポーツ

市立和歌山高校野球部2019注目選手と戦力分析!

読了時間: 約31

第91回春のセンバツ 高校野球大会が2019年3月23日(土)から12日間にわたり開催されます。

各地区で結果を残し、選考委員会で選ばれた32校のチームで春の日本一を目指し戦います。

今回は和歌山県の古豪・市立和歌山高校をご紹介します。

市立和歌山野球部チーム紹介

市立和歌山高校は、和歌山県和歌山市にある市立の高校。

2009年までは市立和歌山商業という高校でしたが、市立和歌山高校に変わりました。

甲子園も今回のセンバツを含め、春夏通算で11回目の出場で、藤田平さん(元阪神)、正田耕三さん(元広島)、川端慎吾内野手(ヤクルト)、益田直也投手(ロッテ)などプロ野球選手も多数輩出しています。

部員数は40名でほとんどが和歌山県出身で、少数大阪からの選手も在籍します。

智弁和歌山高校、箕島高校と並び和歌山県の強豪校と言われており、歴史も実績もある高校。

今年の市立和歌山の武器は粘り強さ!!

ピッチャー陣も安定感バツグンの投手が揃い、打撃陣はバント、エンドランなど機動力も絡め、どんな攻め方もできるチームに仕上がっています。

市立和歌山2018 秋季大会結果

2018高校野球和歌山県秋季大会決勝
市立和歌山高校6-9智弁和歌山高校

2018高校野球近畿地区秋季大会一回戦
市立和歌山高校8-4近江兄弟社高校

2018高校野球近畿地区秋季大会準々決勝
市立和歌山高校4-5龍谷大平安高校

和歌山県大会では宿命のライバル 智弁和歌山に惜敗。

2018夏にはサヨナラ負けを喫し、リベンジに燃えましたが、強豪相手に一歩及びませんでした。

一方、近畿地区大会では大健闘。準々決勝で敗退でベスト8ではあるが、近畿王者で甲子園でも大本命の龍谷大平安と死闘を演じました。

抜きんでた成績ではないですが、試合を重ねるごとに成長が感じられるチームで、一人一人が自分の役目を果たす全員野球を評価されセンバツの出場権を手にしました。

甲子園でも現地での成長が大いに期待でき、ジャイアントキリングも楽しみなチームです。

市立和歌山エースピッチャー岩本真之介の球種・球速

背番号1 岩本真之介投手 身長 181センチ体重70キロ 左投 左打

恵まれた高い身長から角度をつけたストレートを投げ込むサウスポー。

ズバ抜けたスピードボールは無いが、精密機械のようなコントロール、テンポの良さで対戦相手を追い込んでいきます。

下級生ながら、スタミナ面で抜きんでていて、昨秋の公式戦では5試合で完投し、しかも取られても1失点という最高の結果を残しました。

甲子園での優勝を胸に先発完投型を目指し、この冬も鍛えあげてきました。投球術で試合を作る圧巻のピッチングに注目!

市立和歌山4番バッター柏山崇 外野手

背番号9 柏山崇 外野手 身長174センチ75キロ右投 右打

秋の公式戦では4割近い打率を残し、市立和歌山打線の中心選手として結果を残しました。

決してホームランバッターではないが、従来の4番に比べ、確実性が高く、攻撃の流れを作るような繋ぎのバッティングをする新しい4番打者。

「繋いで繋いで大量得点」というチームスローガンを象徴するバッティングは柔らかく、手本のような技術を見せてくれます。

さらに昨年秋にはエースとしてもチームを支えました。投打にわたり市立和歌山の運命を握っている要注目選手です!

市立和歌山その他の注目選手

背番号6 緒方隆之介 内野手 身長172センチ 71キロ右投 右打

体格は小柄だが、バツグンの野球センスと身体能力で注目されている高校トップレベルの内野手。

一年の頃からベンチ入りし、チームの中心選手として活躍しており、攻守ともに欠かせない選手です。

高い打率を残す鋭いスイング、際立つ勝負強さがウリのバッティングをし、右も左も苦にしない素晴らしい打者。

また守備では、鉄壁の市立和歌山の中でも最も安定し、高い信頼を得ています。3番ショートとして、市立和歌山を牽引します!!


市立和歌山高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

ほとんどが地元出身選手で構成される市立和歌山。

他のチームにはないチームワーク、意志の共有を武器に、強豪に立ち向かいます。

ここ数年は低迷する時代が続いていますが、持ち前の繋ぐ野球、鉄壁の守備で古豪復活の狼煙をあげる姿に注目です!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。