スポーツ

春高バレー女子2020優勝候補予想!注目選手も発表!

読了時間: 約638

春の高校バレー2020女子優勝候補予想と注目選手についてアンケート採ってみました!

第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(通称春高バレー)が、2020年1月5日(日)~7日(火)、11日(土)、12日(日)に武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕します。

今年のFIVBワールドカップ2019では、下北沢成徳高校出身の石川真佑選手が、世界の強豪相手に大活躍を見せ、新たな日本のエースが誕生しましたね^^

この春高から、また新たに日の丸を背負う選手が誕生するかもしれません♪

早速ですが、どこの学校が優勝候補と予想されるのか、アンケート結果をご覧ください!

春の高校バレー2020女子出場校一覧

▽北海道
北海道:山の手高校(2年連続12回目) 旭川実高校(3年ぶり29回目)

▽東北
青森:青森西高校(3年連続16回目)
岩手:盛岡誠桜高校(6年連続25回目)
秋田:秋田北高校(2年連続4回目)
宮城:古川学園高校(15年連続40回目)
山形:山形商業高校(4年ぶり10回目)
福島:郡山女子大学付属高校(4年連続21回目)

▽関東
茨城:土浦日大高校(2年ぶり18回目)
栃木:國學院大學栃木高校(33年連続34回目)
群馬:西邑楽高校(2年連続6回目)
埼玉:細田学園高校(5年連続20回目)
千葉:敬愛学園高校(3年ぶり9回目)
東京:文京学院大学女子高校(3年連続11回目) 八王子実践高校(5年連続42回目) 共栄学園高校(3年ぶり24回目)
神奈川:川崎橘高校(2年連続25回目) 横浜隼人高校(初出場)
山梨:増穂商業高校(2年ぶり31回目)

▽北信越
新潟:長岡商業高校(2年連続8回目)
長野:東京都市大塩尻高校(2年連続7回目)
富山:富山第一高校(7年連続15回目)
石川:金沢商業高校(18年連続45回目)
福井:福井工大付属福井高校(6年連続6回目)

▽東海
静岡:富士見高校(7年連続12回目)
愛知:岡崎学園高校(3年ぶり44回目)
岐阜:済美高校(2年連続3回目)
三重:三重高校(3年連続4回目)

▽関西
滋賀:近江兄弟社高校(2年連続12回目)
京都:京都橘高校(21年連続23回目)
奈良:奈良文化高校(2年連続2回目)
和歌山:和歌山信愛高校(6年連続35回目)
大阪:金蘭会高校(9年連続9回目)・大阪国際滝井高校(3年ぶり24回目)
兵庫:氷上高校(2年ぶり35回目)

▽中国
鳥取:米子西高校(4年ぶり17回目)
島根:安来高校(2年ぶり36回目)
岡山:就実高校(6年連続43回目)
広島:広島桜が丘高校(11年ぶり2回目)
山口:誠英高校(30年連続40回目)

▽四国
香川:高松商業高校(4年ぶり10回目)
徳島:城南高校(2年ぶり11回目)
愛媛:松山東雲高校(4年連続6回目)
高知:高知高校(初出場)

▽九州
福岡:誠修高校(2年ぶり17回目)
佐賀:鳥栖商業高校(20年ぶり4回目)
長崎:九州文化学園高校(2年連続32回目)
大分:東九州龍谷高校(20年連続35回目)
熊本:信愛女学院高校(3年ぶり32回目)
宮崎:延岡学園高校(2年連続18回目)
鹿児島:鹿児島女子高校(3年ぶり35回目)

▽沖縄
沖縄:首里高校(6年ぶり2回目)

春高バレー女子2020優勝候補予想

東京①:文京学院大学女子高校(3年連続11回目)

優勝候補はズバリ東京都第一代表の文京学院大女子高校。

東京都予選では、準決勝でインターハイベスト4の下北沢成徳をストレートで下すとその勢いのまま決勝でも八王子実践をストレートで下し東京都の頂点に立った。

そして、その原動力になったのは、文京学院大女中が全中で優勝した時の中心メンバーでもあった1年生コンビの廣田あい選手樋口友梨選手

二人の活躍により、インハイ予選では苦杯を喫した高校を次々と倒し、その勢いはもはやとどまるところを知らない。成徳でも八実でも共栄でもなく、今年は文京が旋風を巻き起こすことことになると予想する。

今大会の注目選手はインターハイ優勝の原動力になった就実高校の大山選手をあげたい。

とにかくクレバーな選手で、派手なプレーはないが堅実なプレーでチームを勝利に導く活躍で就実バレーを体現している選手である。彼女の活躍如何ではインターハイの再現もあり得る。

金蘭会の連覇はなるかなど興味が尽きない大会になる事は間違いないと思われます。(男性 40代)

文京学院大女子高。1年生コンビの廣田、樋口選手が活躍すると思うから。激戦区を勝ち上がってきただけに期待できそう。(男性 40代)

 

東京②:八王子実践高校(5年連続42回目)

八王子実践。川崎鈴奈主将を軸に頑張りそうだから。東京都代表はレベルが高いから。(男性 40代)

八王子実践、1つ1つのプレーの精度が非常に高くサーブレシーブが安定しているため、得点に繋がりやすい。注目はセッターの大川愛海、日本代表経験もあり、ジャンプの到達点も男子並みであり、魅力的な選手である。(男性 20代)

 

東京③:共栄学園高校(3年ぶり24回目)

優勝校はインターハイで準優勝してさらにレベルアップしていると思われる共栄学園。

注目選手はU-18日本代表で活躍してアジアユースで賞をもらっている、バックアタックが魅力的な共栄学園高校の小山愛実選手です。(女性 40代)

 

大阪①:金蘭会高校(9年連続9回目)

金蘭会です。全国クラスのレベルで強くて宮部愛芽世選手がいてチームを引っ張ってくれるからです。(男性 40代)

優勝校予想として大阪府代表の金蘭会高校を挙げます。インターハイではまさかの敗戦を喫してしまったが、春高では3連覇を期待しているため。(男性 20代)

金蘭会の宮部の活躍で優勝すると思います。(男性 50代)

春高バレー2020年の優勝校を予想。今年のインターハイでも優勝した大阪府代表の金蘭会が有力。注目選手は日本人とナイジェリア人のハーフの宮部愛芽世。(男性 30代)

金蘭会、すっかり全国の常連になり、今年も優勝が狙えるチームとなった。注目は宮野愛芽世、非常に高い打点からのスパイクとブロックができる得点ゲッターであり、見物である。(男性 20代)

 

岡山:就実高校(6年連続43回目)

優勝候補は岡山県の就実です。理由は今年のインターハイ優勝高校だからです。
注目選手は、金蘭会のエース宮部選手です。(男性 30代)

 

愛媛:松山東雲高校(4年連続6回目)

優勝候補は、愛媛県代表の松山東雲高校です。理由は4年連続の安定したチーム力と、西川実花選手が試合の流れを作れるのか注目です。(男性 20代)

春の高校バレー2020年優勝校予想、愛媛県大会優勝の松山東雲高校。注目選手は強打やブロックなど安定した実力の持ち主の佐伯亜魅加。(男性 30代)

 

大分:東九州龍谷高校(20年連続35回目)

優勝候補は東九州龍谷。昨年1年生ながらエースとして大活躍を見せた室岡 莉乃選手に今年も注目しています。(男性 30代)

優勝校予想は東九州龍谷です。春高バレーの常連校で何度も優勝してる高校です。

注目選手は3年生の荒木彩花選手184センチの長身からのスパイクは高いブロックを打ち砕きます。

東九州龍谷は監督が変わって初めての春高バレー。昨年準優勝の雪辱を果たせるのか注目したいと思います。(女性 20代)

 


春高バレー女子2020優勝候補予想!注目選手も発表!【まとめ】

金蘭会の3連覇があるのか、名将相原監督から監督が変わった東九州龍谷がどんなバレーを見せてくれるのか、超激戦区を勝ち抜けてきた東京代表がそのまま頂点を勝ち取るのか、予想不可能な春高女子が今からとても楽しみです♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。