スポーツ

松山聖陵高校野球部2019注目選手と戦力分析!

第91回 春のセンバツ高校野球大会が3月23日から始まります。秋に各地区で結果を残し、選び抜かれた32チームで春の日本一を目指し戦います。

今回は2年連続2回目のセンバツ出場となる松山聖陵高校を分析していきます。

スポンサーリンク

松山聖陵高校野球部チーム紹介

松山聖陵高校は、愛媛県松山市にある私立学校で、もともとは男子校。普通科の他に工業科もあります。

部員数は47名在籍しており、愛媛県以外にも、沖縄、大阪、京都、愛知など広い範囲から選手が集まっています。特に沖縄、大阪が目立ちメンバーにも多数選ばれています。

秋の県大会では3位でしたが、四国大会では準優勝まで結果を残し、センバツの権利を手にしました。

松山聖陵高校2018秋季大会 結果

2018高校野球 愛媛県秋季大会 準決勝

松山聖陵高校3-7聖カタリナ学園高校

 

2018高校野球 愛媛県秋季大会3位決定戦

松山聖陵高校 9-3 今治西高校

2018高校野球 四国地区秋季大会 一回戦

松山聖陵高校 11-3 志度高校

2018 高校野球 四国地区秋季大会準々決勝

松山聖陵高校 5-1 川島高校

2018 高校野球 四国地区秋季大会準決勝

松山聖陵高校 5-3 富岡西高校

2018 高校野球 四国地区秋季大会決勝

松山聖陵高校 1-3 高松商業高校

 

秋の県大会では3位と、ギリギリでの四国大会進出にもかかわらず、四国大会では次々と対戦相手を退け、準優勝まで勝ち上がりました。今年のチームも松山聖陵高校の名物とも言える、高身長のピッチャーが柱となり、守備でリズムを作るチーム。県大会、四国大会ともに大量失点がなく、試合が壊れることがまずありません。

攻撃では、相手のミスを逃すことなくチャンスをものにする野球で、派手さはないがなかなかの得点力を持ちます。高松商業と接戦を演じ、準優勝まで駆け上がった秋はかなりの自信と経験になったといえるでしょう。

松山聖陵高校エースピッチャー根本大蓮の球種・球速

背番号1 根本大蓮 投手。身長 188センチ 体重84キロ右投 右打。かなり高い身長から角度のあるストレートを投げ込む本格派ピッチャー。高い身長に加え、長いリーチを生かした投球はかなりの投手有利の状況を生み出します。

秋の公式戦でも相手打者はストライクゾーンの見極めが困難になり、低めの変化球、ボール球を振ってしまうことが多々あり、本来の投球ができればよほど打たれないように思えます。

唯一、安定感が物足りないため、エース根本以外のピッチャーの役割、継投も鍵となるでしょう。

松山聖陵高校4番バッター 折田玲外野手

背番号8 4番バッター 折田玲外野手。身長 170センチ体重 64キロ 右投 左打。1年生からレギュラーとして試合に出場していて、新チームからは4番に座る松山聖陵の4番。

身体は大きくないが、バツグンの身体能力を生かしたダイナミックなプレーでチームを引っ張ります。とにかくチャンスに強く、得点圏打率が抜きんでていて、チーム1の打点を記録しています。

本塁打は少ないが、足が速いため二塁打、三塁打が目立ち、また盗塁もできる動ける4番といえます。

松山聖陵高校その他の注目選手

背番号6 3番打者 田窪 琉風 内野手。身長 166センチ 58キロ右投 右打。4番打者の折田と打線を牽引する3番打者。

沖縄出身のずば抜けた身体能力を生かし、攻守ともに躍動します。小柄な身体だが、パンチ力とスピードを兼ね備えており、秋には三塁打3本を放ち11安打8打点と勝利を呼び込む活躍をしました。

チーム打率が低く、3番 田窪と4番 折田に期待がかかるためプレッシャーを跳ね除ける活躍に期待しましょう!

松山聖陵高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

相手投手の四球などのミスを逃さず、モノにして勝ち上がってきた昨年の秋からどこまでチーム力が上がったか。一冬こえた甲子園での強豪たちはミスや自滅が少ないため、自分たちでいかに突破口を見つけて、こじ開けていけるか。チーム打率2割6分から冬の間にどこまでバットを振り成長したか甲子園で注目しましょう。

https://matematemate-naninaninani.com/4242.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク