スポーツ

選抜高校野球2019盛岡大学付属高校野球部注目選手と戦力分析!

読了時間: 約334

第91回選抜高校野球大会が2019年3月23日(土)から4月3日(水)の12日間(休養日を含む)子園球場で開催されます。32チームの出場が決定しました。

今回は東北地区準優勝の盛岡大学付属高校(以下、盛岡大付高校と省略)を紹介します。

秋季東北大会では惜しくも優勝は逃してしまいましたが、秋季岩手大会から5試合もコールド勝ちをするほど、高い攻撃力で春の選抜出場を決めました。

その盛岡大付高校についてまとめてみました。

盛岡大附高校野球部チーム紹介

盛岡大付高校は、岩手県盛岡市厨川にある私立高校。

野球部員数は78名。

今回の選抜含め甲子園には春夏通算15回の出場をする強豪校です。

2017年夏の甲子園ではチーム初のベスト8に進出しました。

スカウトにも力を入れている為、県外出身選手の割合が多いのが特徴です。

松本裕樹(ソフトバンク)、小石沢浄孝(現役引退)、伊東昂大(現役引退)などを輩出しています。

冬場は室内練習所がないというハンデにもなりかねない状況ですが、雪上での練習を打撃メインに集中することでパワーアップを図っています。

盛岡大附高校の攻撃スタイルは、先制点をとる試合が多く序盤から得点を重ね、逃げ切って勝利する傾向があります。

下位打順まで隙のない強力打線で大量得点に期待がかかる一方で、序盤に点がとれず相手にリードされた展開になった場合、どのように点を取りにいくのか注目したいです。

守備面ではエース阿部が登板する機会が多く、第二の先発候補が育成出来ているかカギになります。

また、東北大会決勝では四球とエラーが絡み敗戦したので、リズムが崩れずに対処できればよい結果に繋がるでしょう。

盛岡大附高校の2018年秋季大会の結果

高校野球秋季岩手大会2018年決勝

盛岡大附 3‐2 花巻東

高校野球秋季東北大会2018年2回戦

盛岡大附 8-2 山形城北

高校野球秋季東北大会2018年準々決勝

盛岡大附 7-0 酒田南

高校野球秋季東北大会2018年準決勝

盛岡大附 10-0 古川

高校野球秋季東北大会2018年決勝

盛岡大附 3-5 八戸学院光星

 

秋季東北大会では圧倒的な攻撃力で勝ち進んでいきます。

しかし、決勝戦の八戸学院光星戦では、先制点をとられ追いかける苦しい展開になりました。四球とエラーも絡み、一度も逆転出来ずに負けを喫します。

盛岡大附高校のエースピッチャー阿部秀俊の球種・球速

背番号1 阿部秀俊 165cm 63kg / 左投左打

最速132キロの左腕。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、スクリューの4種類。

サウスポーで球速が早いとは言えないものの、低めを意識した正確なコントロールが強みです。

変化球の使い方がうまく打たせてとるスタイルですが、三振もとれます。

立ち上がりから安定感があり、失点が少ない選手です。

阿部選手は数少ない県内出身の選手です。

秋季岩手大会から1番をつけています。

東北大会では全ての試合で先発でした。

初戦は8回裏に投手交代し左翼手として出場継続しています。準々決勝、準決勝ともに完投し、チームはコールド勝ちでした。

決勝では先制点をとられてしまい、味方の援護も及ばず最後まで完投したものの逆転が出来ませんでした。

阿部選手の四球も敗因に挙げられます。

多様な変化球を使いこなし、相手を翻弄する阿部選手の活躍を期待しつつ、秋季大会では控えだった投手陣も春の選抜では先発を争ってほしいです。

盛岡大附高校4番バッター小野寺颯斗

背番号13 小野寺颯斗 内野手 170cm 75kg 右投左打

2018年秋季岩手大会には右膝故障による手術、入院で欠場を余儀なくされます。

東北大会には間に合い、準決勝で3安打、決勝では2安打の勝負強さを発揮しました。

故障で苦しい時期を過ごしていたでしょうが、選抜大会では大暴れしてほしいです。

盛岡大附高校その他の注目選手について

背番号7 平賀佑東 外野手 183cm 77kg 右投左打

秋季岩手大会準決勝の大船渡戦では、最速157キロでプロ注目の右腕、佐々木朗希投手を相手に3安打の活躍をしました。

また、東北大会では準決勝で1安打5打点、決勝では2安打1打点とチームに貢献しています。

長打力が魅力的な選手なので、得点に絡む活躍を見たいです。

その他に6番の小川健成(内野手)が好機に強く、東北大会でも本塁打含む大活躍を見せてくれました。

強力打線の一角を担っていますので、大事な場面で打順がきたら注目です。


盛岡大学付属高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は岩手の強豪、盛岡大附高校に注目しました。

雪に慣れていないであろう県外出身者が多い中、独自の雪上トレーニングでどれだけ鍛え上げられたか見所です。

また、強力打線は魅力的で目がいきがちですが、エース阿部の安定した投球で失点をいかに抑えられるかも気になるところです。

3月23日(土)から繰り広げられる戦いが楽しみです。

https://matematemate-naninaninani.com/3932.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。