スポーツ

福知山成美高校野球部2019注目選手と戦力分析!

第91回選抜高校野球大会が、2019年3月23日~4月3日までの12日間開催されます。出場校32チームが決定し、熱い激闘が繰り広げられます。

今回は京都府の強豪校、福知山成美高校をご紹介。福知山成美高校は秋季京都府大会で見事優勝!秋季近畿大会では、履正社高校に惜しくも敗れましたが、甲子園でリベンジを狙います。

それでは、福知山成美高校についてまとめます。

スポンサーリンク

福知山成美高校野球部チーム紹介

福知山成美高校は、京都府福知山市にある私立高校。春夏通算6回の出場、今年の春の甲子園大会あわせて7回の出場回数を誇ります。ダブル主将制を採っており、投手と野手それぞれに主将がいる形となっています。

2014年の春の選抜大会では、ベスト8という記録を残しています。2019年、5年ぶりの出場での勝利を狙います。

福知山成美高校2018年秋季京都大会準々決勝以降結果と秋季近畿大会の結果

・秋季京都大会 準々決勝

福知山成美 5‐0 京都すばる

・秋季京都大会 準決勝

福知山成美 9‐5 京都外大西

・秋季京都大会 決勝

福知山成美 4‐3 京都国際

 

・秋季近畿大会 1回戦

福知山成美 5‐4 神戸国際大付

・秋季近畿大会 準々決勝

福知山成美 0‐5 履正社

 

上記の結果の通り、秋季京都大会で京都国際高校を下し優勝しました。秋季近畿大会では、神戸国際大付属高校対戦し、一回戦を突破!準々決勝では履正社高校に惜しくも敗退しました。

福知山成美高校エースピッチャー小橋翔大の球種・球速

背番号1 主将 小橋 翔大。171cm70kg/ 右投左打。ストレートの最高速度は133キロと、他校のエースと呼ばれるピッチャーよりも球速が控えめな選手。その分、小橋選手は考えて投げる頭脳派ピッチャーです。

スライダー、カーブを織り交ぜ、バッターに的を絞らせないピッチングが特徴。またコントロールがよく、コーナーをつく投球が魅力です。春の選抜大会で好投を見せてくれるのでしょうか。楽しみです。 

福知山成美高校の4番バッター原陽太の分析

背番号2 原 陽太(捕手)。176cm 83kg 右投右打。フルスイングが見ていて気持ちいいバッター。秋季京都大会では、2本のホームランを放ちました。長打が期待できる大型の選手です。特に外角に投げられる変化球が得意で、スタンドまで持っていってしまうパワーがあります。

また、キャッチングの良さにも定評がある選手です。甲子園の舞台で活躍する姿を見たいですね。

福知山成美高校 その他の注目選手について

背番号7 東原 成悟(遊撃手)。177cm 68kg 右投右打。昨年の福知山成美高校ドラフト候補の「藤田希和」の後を担う身体能力が高い選手。高いバッティング技術とスピード感のある守備が魅力です。

長打を狙うというよりも、ミート力が武器で安打を量産します。

福知山成美高校野球部2019注目選手と戦力分析!-まとめ

今回は京都府の名門、福知山成美高校に注目してみました。秋季京都大会での優勝校として、春の選抜大会に挑みます。福知山成美高校の5年ぶりの甲子園での挑戦。期待ですね!

甲子園でどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。3月23日からの選抜高校野球大会が待ち遠しいですね。

https://matematemate-naninaninani.com/4111.html

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク