スポーツ

習志野高校野球部2019注目選手と戦力分析!

読了時間: 約257

第91回センバツ高校野球大会が、3月23日(土)から始まります。

全国から選ばれた32校で、各地区の代表として春の王者を目指します。

今回は、高校野球ファンなら一度は生で聞いてみたいブラスバンドに、玄人好みの渋い野球で話題の習志野高校を紹介していきます。

 習志野高校野球部チーム紹介

習志野高校は、千葉県習志野市にある市立の学校です。

市立にもかかわらず、野球部、吹奏楽部、サッカー部、バスケット部など、全国大会によく出場するほどスポーツが盛んであり、学力も千葉県内で上位に入る文武両道の学校です。

部員数はマネージャー含め、53人。

ほとんどが千葉県内の選手で、少数東京からの選手が在籍します。

OBにはミスタータイガース掛布雅之さん、現ヤクルトスワローズ監督小川淳司さん、千葉ロッテマリーンズ福浦和也さんなど豪華なメンバーがいます。

美爆音〔習志野高校ブラスバンドの演奏〕を最大の武器とし、甲子園球場を支配し、対戦相手を呑み込む。

スタンドとグラウンドが一体化した他には見ることのできない試合を展開します。

玄人好みの堅実な野球に、千葉の名将小林監督の奇策で3度目の日本一を目指します。

習志野高校2018秋季大会結果

高校野球千葉県秋季大会決勝

習志野高校2-6中央学院高校

高校野球関東地区秋季大会一回戦

習志野高校3-1桐生第一高校

高校野球関東地区秋季大会準々決勝

習志野高校8-4東海大甲府高校

高校野球関東地区秋季大会準決勝

習志野高校2-4桐蔭学園高校

ド派手な打力、投手力は無いものの全体的にバランスの取れた試合を展開してきた昨年の秋。

3人のタイプの異なるピッチャーを擁し、相手に流れを作らせない継投でリズムを作り、堅実な野球でジワジワ攻めていく。

野球巧者としての戦い方で関東地区ベスト4まで勝ち上がり、センバツの切符を手にしました。

センバツ選考委員会でも試合運びの上手さをかなり高く評価され、大舞台での躍進を期待されています。

習志野高校エースピッチャー飯塚脩人の球種・球速

背番号1 飯塚脩人 身長181センチ体重78キロ 右投左打 

MAX145キロのストレートをスリークオーターから投げ込む習志野投手陣の柱。

中学時代は軟式野球部も、並外れた走り込み、トレーニングにより強い身体をつくり、名門習志野高校のエースまでのぼりつめました。

武器のストレートを中心に、カーブ、スライダーを低めに集める丁寧なピッチングで、打者に本来のバッティングをさせない投球をします。

一冬をこえ、精神面、肉体面で大きな成長をした飯塚投手が甲子園を沸かせてくれるでしょう。

習志野高校4番バッター高橋一翔内野手

背番号3 高橋一翔 内野手 身長177センチ 体重73キロ 右投左打

全国区でみると決して大きくはない体格ですが、思い切りの良いスイングから放たれる打球は高校野球レベルをはるかに超えます。

スイングスピード、気持ちの強さがウリの習志野の打の要。

レギュラーの半数が下級生と、若いチームの中で主軸として相手投手に襲いかかることでしょう。

習志野高校その他の注目選手

背番号8 センター 根本翔吾外野手 身長168センチ 体重65キロ

1年秋から1番センターとしてレギュラーで活躍してきた根本翔吾選手。

新チームではキャプテンとして習志野野球部をまとめ、センバツまで導きました。

全国区でもトップクラスの走力、打撃センスに加え、高校No.1とも言われる守備力を誇ります。小柄な体格ではありますが、チームを何度も救ってきた守備力、習志野野球の切り込み隊長として異次元の存在感を発揮することでしょう。


習志野高校野球部2019 注目選手と戦力分析!-まとめ

今年は投打ともにタレントが目立つチームが多い中、習志野高校は完成度の高いチーム力で挑みます。

試合の流れを支配し、あれよあれよと得点し、試合を進めていく。

高いチーム力に、名将小林監督の采配が加わり、美爆音で援護射撃。

今年も甲子園を習志野の色に染め、優勝旗を取りに行く姿が楽しみですね。

https://matematemate-naninaninani.com/3804.html

最後までお読み頂きましてありがとうございました。